1. TOP
  2. 集客
  3. 読まれる文章・伝わる文章・面白い文章の書き方。その2

読まれる文章・伝わる文章・面白い文章の書き方。その2

 2018/10/30 集客
この記事は約 11 分で読めます。 259 Views

前のページの続きです。

この前が知りたい方は ここから 前のページを参照してください。

さて、前のページに紹介した試験的に試したら大きな反響を出した文章ですがどこにポイントを置いて記載したかを開設させていただきます。

この文章では私が常日頃書いている原理原則の話をもっと読んでもらうために読みやすくもっと簡単に伝えられるように面白おかしく記載してみました。

文章は読まれなければ伝わりませんのでより読みやすくする為に部分的に感情を入れながら文章構成をしていきました。

これの効果で反響も大きかったので通常の文章より読まれたという事が伺えます。

では実際にどういうところに注意しながら記載したかをお伝えいたします。

前のページで記載した下記の文章ですね。

詳しく解説させていただきます

 

 

ごめんなさい私が業績を急拡大したのは下記をやらなかったからです。

↑ まずはこの部分文章の冒頭に感情を入れます。今回はごめんなさいを入れました。ココは後に続く文章を補足できる感情であれば別にかまいませんので嬉しさを表したいときはうれしいですとかやった~~!!!!!でもかまいません後に続く内容を補足する感情から始めてみてください。

顧客満足度を上げる
ターゲットを絞り込む
多様化に対応する
エリアを絞り込む
ニッチを狙う
差別化をする
ブランディングする
最高級のものを売る
努力根性で売上げを上げる
売り方を駆使する

もう一度書きます。
上記をやらなかったから業績が急拡大しました。

で次で感情が何を補足しているかですがココで今回は否定する内容を持ってきています。まあ一般で言われている事を否定していますので冒頭ではごめんなさいから初めてココで何で???あやまったのかの種明かしをしています。冒頭の感情から入って否定されている部分だけで大分内容にひきつけられた方がいるはずです。ココがつかみですね。

やらなかったんです。

そして何社も同時に運営ができるようになりました。

一般で言われている事と真逆を私はやっています。
そういうビジネスのやり方が存在して私はそのやり方で伸びました。
とはいえ全て学ばないとどちらが優れているかわかりませんので私は両方学びました。普通の人が勉強しないようなレベルまでそしたら気づいたんです。

で、どうしてそうなったかの解説がこの辺を占めます。

それまで勉強していたやり方では伸びは限定されてしまう。
今までのやり方は普通の売り方のマーケティングでしたから上記をやっていました。

ただその先にある日気づいたんです。
どんなにカリスマになったって年商数億円。
10億を超える人はごくまれ。
数十億なんて数えるほど。

私がそこに食い込める確率もほぼ無いよなと。
けども世の中には百億数百億数千億って桁違いの経営をする人もいてそこって今まで私がやってきたことと学んできた事と違う事やってるよね?ってなのでこの成長を遂げた会社が学んだ事って何なんだろうって思いながら捜していたら今のやり方に出会いました。

この辺も気づきを入れていますね。

一般で言われているものと真逆の理論が存在するんです。
なので私の書いていることに違和感を感じる人もいると思います受け入れられない人もいると思いますが、

これから書くこと今まで記載したことに対する反論などもあると思いますのでそういった方に気遣った内容をココで挟んでいます。読み手が違和感を感じるだろうなと思うところに補足を入れる感じですね

この話聞いたとき最初、
まじで・・・。うそ~~~ん。
やっべ、俺何やってたんだろ15年近く
間違ってた・・・。
ってもうホンとそんな気分ですよ。

はじめっから教えてくれてれば俺様とっくに億万長者ってな気分でした。

でまた、感情。ココの感情は上の驚きを受けて一番初めに感じた感情を素直に表すのと当然、初めてこの話を聞いた人がいると思いますので私も最初は一緒だったという同調を感情で表現しました。

私は両方を学びました。
そして、自分の立ち居地に合うやり方を採用しました。
どちらにもすばらしいところはあります。

普段は否定で入りますがこの文章では今までのやり方も肯定する表現にしました

ただ私にはこちらのやり方のほうが向いていましたし私のかなえたい夢にはこのやり方しか導いてくれない事に学んで気づいたんです。

売り方に関してはもうさんざん勉強しました。
けど超えられなかったんです。
上がっても叩き落されるこれ何度も経験しました。

売上げが安定しない。
そして、多くは消えていきました。

あれ??そういえばあの人見ないね????
っての沢山いますよね。

そういう人を山ほど見てきました。
私も色々な事に巻き込まれそうなる寸前まで行きました。
そこで何かが違う???

どんどん成長し続ける企業と消えそうになった私。
消えていった人。
安定しない売上げその違い。

私が今まで何をやってきたのかそしてこのノウハウに出会うまでの経緯などを記載しています。起承転結で言えば承ですね。

私も最初この学びをしたとき違和感バリバリでした。
理由はまるっきり今までやってきたことと真逆なんです。
ですが、何故か今までの間違いが良く分かりました。

商売をするのに感情を操作してはならない。

それまで感情操作を学んでいました。

感情操作で作られたお客様は偽者なんです。
操作したわけですので当たり前です。
いつか離れます。
しかも結構早めに消えます。

そうではなく心からお客様の悩みを解決できる商品を心から嬉しさ楽しさを与えられる商品を提供する。
操作せずにも商品のすばらしさでお客様が涙する歓喜する。

それを受けての変化を記載。

そういう商品を扱えばそんな小手先のテクニックはいらない。そういう王道が存在するんですね。

売り方ではなくお客様の勉強をする。
ほかの方はどう感じるかは分かりませんが私は自分が儲けるために売り方を駆使して売るのではなく。

お客様が心から欲っしてくれる商品を売りたいとあるときから思うようになりました。
その代償でお客様からお金をいただく。

その勉強をしたから今がある。
それが理解できるようになってきたから再現できるようになったから売上げが上がる。

イエ~~イ!!!

でどうなってきたかでのりを表現するためにまたココで感情と喜びを表しました。

今は以前感じたこの先につながって無いよなって感じは感じません。行けるよね??て感じになりました。
まあやり方は違うので知らない方からしたら私の書いている事は????????????????

何ゆっちゃんてんの???YOUってほど

ここでも感情とちょっとしたおふざけですね。元々私の文章硬いのでちょっとおちゃらけて見ました。こういうところで砕けると距離が近くなるのと読むお客様にリズム感が出てきますので最後まで読まれやすくなります。

一般常識とずれている事を書いていますが私のやっているビジネスはそういうやり方で出来上がっています。

私も最初この勉強したときには受け入れがたかったんです。
そんな事言ったって今まで散々行ってきた事と真逆ジャン・・・。

手のひら返したように間逆教えられないよ・・・。

どうする俺!!!!!

と心の声が・・・・。

ここでも感情ですね。この感情描写は何かしでかしたときに誰でも心の中で何かしらつぶやいている心の声があると思います。その心の声を文章で表現する事で親しみを与えます。応用で嬉しいとき等は「やばいお花畑が心の中で舞いまくってむねきゅんきゅんって感じ」とかでもいいです。漫画とかの心理描写の背景画像などを言葉で表すなどでイメージしやすくなりますので伝わりやすくなります。

がこのやり方を聞いて心が間違いに
ある日気づいてしまったのである。

いゃ~~~~~。
心が違うと思った事を教える事はできない。

指導を変えなければとガラッとそのときから裏切り者のユダの様に指導内容を変えました。

おかげで助かったクライアントの数は群を超えてちょ~~増えたって感じ。

まあ色々な考え方があるよね~~~。

ってことでちょっと文章の勉強がてら文面変えるお勉強をしてたりします。まあこの辺もお勉強で。

 

ここまでが文章を変えた第1段です。

全体的に感情表現を表現をふんだんに入れて読みやすいようにリズム感を感じてもらえるように記載していきました。普段否定している人が肯定の文章を書くとまた違った印象になります。

読者をひきつけて読ませるに私はこういう文章表現を使う事があります。

ではココから文章表現を変えた第二段の文章を記載しますそれが下記です。

いっやゃゃゃゃ~~そんな睨まないで・・・!!!!。

ちょっと文章の勉強がてら昨日からちょい文章の書き方変えて練習しています。昨日結構、感じが良かったもので本日も味を占めて同じような感じで・・・

昨日の文章読んで嫁に、軽い!!!
とか突っ込みいれられながらまあそういう意見もあり~~~のこのまま反響を確かめようと無視して実験を繰り返してみマンス。

さて、昨日私のビジネスは一般で言われている常識とまるっきり違うやり方でできているというお話を書きましたそして、このやり方を知っている人も少数なんですよ。

その昔は500社しかこのお勉強をされている会社はなかったんです。ですがこの経営のお勉強をしている加盟会社500社で上げる年商がぬあああんと、年商合計29兆円・・・・。

レッスンto me もう一度

29ち・ょ・う・え・ん。
嘘のようなホントの話。今現在で500社ほどで。

実話よこれ。

という経営のお勉強なんですね。
けど表立って活動していないのでほとんどの経営者は知らないわけです。なので、ここでお勉強したこと。
昨日書いたようなことを書くとまあ、バッシングさされたり
ろくなことがないわけです。

なんちゃらすなんちゃら協会なるところのお偉いさんからもシェアまでされて過去たたかれたりまあ、この話始めたころはろくなことはなかったわけです。

しかし、このやり方に惚れた私はいたるところで書きまくり話しまくっていたわけです。

で実践を初めて半年ほどたった
時にある地方の勉強会団体に今、桑原さんがやってる最新のビジネス展開を話してほしいって依頼があったんです。

いえい来た~~っと思う半面。

これ、複雑な気分なんです。

なんでってまだ初めて半年だし。
けど話の内容話せば確実に他の人がやっている事の真反対だし・・・・・。

当時はオブラートにくるんで優しく優しくお伝えするなんてことはできないわけです。

ついでに言えばそのお勉強会、結構な売り上げ上げている会社の社長さんなどがゴロゴロ在籍している訳なんです。

年商10億20億30億なんて会社が河原のごろた石のようにごろごろいるお勉強会で大丈夫か???

俺????

ってな場で公に話したのが実は私がこのやり方を人前で講演に近い形で話した初めての時。

今みたいにお話にお笑い入れるなんてことは一切できない時。50人位参加者がいてそこで初めて話しました。

まあ、中心はターゲット絞るなとかニッチ狙うなとか
WEBサイトをカタログにするなとか
人物金なんて間違った考えをするなってな話やら
駅前立地がだめになった理由なんてことを私は思いっきり話したわけです。

わかるでしょうか・・・。
この時の何とも言えない冷たい視線と、怒りにも似た張り詰めた空気・・・・。

めっちゃきつい空気の中で思いっきり話しちゃった日には
あなた・・・
もう、いけずってな感じで・・・・。いずらい・・・・・。

もう内心、冷や汗たらたら。
しかも私も始めたばかりのぺーぺー・・・・。
相手は年商20億30億・・・・。

まあ小生意気な小僧のできあがり・・・。

めっちゃ緊張しました。
しかし、その後多くの人が名刺交換に並んでくれて
30名以上並んでくれたんですね。

で、名刺交換しながら気づいたんです。
名刺の住所があれ????????????
駅前じゃね?????

ってな事に。
そう駅前商店街の人が多いところで
時代がかわりお客様の暮らしが郊外に移転したんだから
移動しないとお客様の為にはならないって話を私は延々としてたんです・・・。(笑)

自爆・・・。

まあ、どうも名刺交換している時不穏な空気感があるななんてことを感じていたんですけどね。

挙句に、名刺交換並んだ最後の方が商工会会議所の代表ってな方が並ぶもので駅前の名士・・・・。

もう、ぴくぴくしながら参考になりましたとか言われ・・・。
この張り詰めた空気。

いっやゃゃゃゃ~~そんな睨まないで・・・!!!!。
もう、心の中ではムンクの叫び・・・。

っほんとそんな感じなわけ俺。

大丈夫か俺???
しっかり気を持て俺・・・。
もう心の声は逃げたいにげたい。
部屋の隅っこでいじいじしたい・・・・。

って迄心理は追い込まれつつ。
2次会・・・・・・・。

で、あなたはそんなこと言いながら売り上げ幾らあんの???割腹のいいおばちゃんの社長に突っ込まれ・・・。初めて半年って言ったよね???これ???

売上そんなある訳ないじゃん・・・・。
半年やそこらで。
話してって言われたから話しただけで。

まあ、そこでもにらまれるわけです。

いっやゃゃゃゃ~~そんな睨まないで・・・!!!!。

そんな思いしながら伝えなきゃならんのです。
このノウハウ。
だから波及しないのかな????

なんてことを感じた寒い冬の夜であった・・・。

まあ二度とその集まりには呼ばれないけどね(笑)

それでもおいらは伝えていく・・・。

つづく。

とこういった文章を記載いたしました。

この文章はまた少し変えてモデルがいてその方の文章を参考に作っていきました。

この解説は長くなりましたので次のページに記載させていただきます。

次のページへ

 

 

 

輸入ビジネス・ビジネス全般について学びたいなら桑原が直接伝授。無料メルマガ 「0円集客」に登録!!

数々のビジネスを成功させてきた桑原浩二が輸入ビジネスに留まらず原理原則を踏まえたビジネスの構築方法・集客方法を紹介しています。
すぐに定員になってしまうセミナー情報や勉強会・ツアー情報・会員情報などもいち早く告知させていただきます。興味のある方は下記から無料登録

メールアドレス: (必須)
お名前:

売り方のマーケティングの「7つの間違い」 売り方のマーケティングとはまるっきり違う
ビジネスの成果を劇的に上げる真実の原則原則があるのを皆さんはご存知ですか?

無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』

メールアドレスを登録して
無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』を受け取る!

(必須)
(必須)

\ SNSでシェアしよう! /

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kuwabara

この人が書いた記事  記事一覧

  • リピート顧客の増加・新規顧客の増加。50回同じセミナーを集客し続ける秘訣。

  • 億り人ってどうなった???自力で稼げる力を着けよう。

  • あなたは何屋さんですか?と職種を絞ると失敗しやすいよ。

  • ビジネスプロデューサーという仕事の仕方。複数の仕事と人脈で構築してく。

関連記事

  • SNS集客方法・SNS集客のコツって?キラキラとかいらないから。

  • ターゲットを絞る戦略の間違い。ペルソナとは(マーケティングやビジネスの)

  • 読まれる文章・伝わる文章・面白い文章の書き方。

  • 集客力を高めて集客に対する根本的な間違いを直しす。圧倒的に楽な集客方法。

  • お客様を引き寄せる企業努力とは?お客様の為にとはどういう意味か?

  • ウェブ マーケティングとは。誰でも出来る簡単web マーケティング 講座