1. TOP
  2. 集客
  3. 読まれる文章・伝わる文章・面白い文章の書き方。その3

読まれる文章・伝わる文章・面白い文章の書き方。その3

 2018/11/07 集客
この記事は約 12 分で読めます。 526 Views

前のページの続きです。

前のページの内容が知りたい方は ここから 前のページへ

さて、今回のものは前回同様、一見難しく思える原理原則を分かりやすく解説していくために面白おかしく書いているのですが今回の文章はある人の文章をモデリングして書いています。参考にした人が女性な為、少し文章がオカマっぽくなっていますがこの辺はご勘弁を。

ちなみにきつい内容や読み手がショックを受けそうな内容を記載するときはオカマ口調で書くと文章が軟らかくなり読まれやすくなるという裏技などもあります。

職業やブランディングしているしていないで使えるかどうかは分かれますが私、ブランディングとか言う小手先のテク一切使いませんのでまったく気にせず記載させていただきます。

では下記からです。

いっやゃゃゃゃ~~そんな睨まないで・・・!!!!。

文章の出だしに感情を入れる。これすると読まれやすくなりますので少し強調気味にココでは感情を入れてスタートしました。で、したの行では何故?こういう文章にしたのかの解説をちょロット入れて

ちょっと文章の勉強がてら昨日からちょい文章の書き方変えて練習しています。昨日結構、感じが良かったもので本日も味を占めて同じような感じで・・・

昨日の文章読んで嫁に、軽い!!!
とか突っ込みいれられながらまあそういう意見もあり~~~のこのまま反響を確かめようと無視して実験を繰り返してみマンス。

この辺はのりでこれらを読んで(前回の文章)を読んでどんあ感想が入ったかの補足を行っています。

 

さて、昨日私のビジネスは一般で言われている常識とまるっきり違うやり方でできているというお話を書きましたそして、このやり方を知っている人も少数なんですよ。

その昔は500社しかこのお勉強をされている会社はなかったんです。ですがこの経営のお勉強をしている加盟会社500社で上げる年商がぬあああんと、年商合計29兆円・・・・。

ここは実際に解説でどんなノウハウなのかの数字の強調ですね。500社で年間29兆円上げているノウハウって言えば数字だけでかなりのインパクトですよね。ココで間違っても嘘の数字をいれないことです。この数字は本当の数字です。私じゃないですよ、私が学んだノウハウの源流となる勉強会参加企業が上げている年商合計です。

レッスンto me もう一度

29ち・ょ・う・え・ん。
嘘のようなホントの話。今現在で500社ほどで。

実話よこれ。

ココでは耳に覚えのあるような言葉でリズム感を刻んでいます。お笑いねたのオマージュですね。文面にリズム感が出ると多少長い文章でも読む人は一気読みしてくれます。何か耳で聞き覚えのあるリズムを文章で表現して見ます。たとえばこの応用で外国人が片言で話したように表現するにはカタカナでワタシワカラナイネーーー。とか書くと外人が片言で話した風に文章を書けます。

という経営のお勉強なんですね。
けど表立って活動していないのでほとんどの経営者は知らないわけです。なので、ここでお勉強したこと。
昨日書いたようなことを書くとまあ、バッシングさされたり
ろくなことがないわけです。

なんちゃらすなんちゃら協会なるところのお偉いさんからもシェアまでされて過去たたかれたりまあ、この話始めたころはろくなことはなかったわけです。

しかし、このやり方に惚れた私はいたるところで書きまくり話しまくっていたわけです。

この辺は私の体験談ですね。実際にどういうことが起こったか等を描写しています。

で実践を初めて半年ほどたった
時にある地方の勉強会団体に今、桑原さんがやってる最新のビジネス展開を話してほしいって依頼があったんです。

いえい来た~~っと思う半面。

ここでも感情を入れています。

これ、複雑な気分なんです。

なんでってまだ初めて半年だし。
けど話の内容話せば確実に他の人がやっている事の真反対だし・・・・・。

当時はオブラートにくるんで優しく優しくお伝えするなんてことはできないわけです。

ついでに言えばそのお勉強会、結構な売り上げ上げている会社の社長さんなどがゴロゴロ在籍している訳なんです。

年商10億20億30億なんて会社が河原のごろた石のようにごろごろいるお勉強会で大丈夫か???

俺????

心の中で同思ったか回想を挟んでいます。普段何か考えたり思うとき声には出さないけど心の中で思う事って誰にでもあると思うのですがその時の描写を文字で挟むんですね。漫画などでもドラえもんののびた君が考え事して想像するシーンてありますよねそれを文字にするんです。

ってな場で公に話したのが実は私がこのやり方を人前で講演に近い形で話した初めての時。

今みたいにお話にお笑い入れるなんてことは一切できない時。50人位参加者がいてそこで初めて話しました。

まあ、中心はターゲット絞るなとかニッチ狙うなとか
WEBサイトをカタログにするなとか
人物金なんて間違った考えをするなってな話やら
駅前立地がだめになった理由なんてことを私は思いっきり話したわけです。

わかるでしょうか・・・。
この時の何とも言えない冷たい視線と、怒りにも似た張り詰めた空気・・・・。

めっちゃきつい空気の中で思いっきり話しちゃった日には
あなた・・・
もう、いけずってな感じで・・・・。いずらい・・・・・。

ここでも心理描写心理描写を入れるときは喜怒哀楽ですねその手のものを表すと響きますよ感情ですので。共感が生まれやすいです。その中で私が結構使うのが自虐ねた。自分を落とすんです。太宰治の生まれてきてすいません。みたいな物ですね。

もう内心、冷や汗たらたら。
しかも私も始めたばかりのぺーぺー・・・・。
相手は年商20億30億・・・・。

まあ小生意気な小僧のできあがり・・・。

めっちゃ緊張しました。
しかし、その後多くの人が名刺交換に並んでくれて
30名以上並んでくれたんですね。

で、名刺交換しながら気づいたんです。
名刺の住所があれ????????????
駅前じゃね?????

ってな事に。
そう駅前商店街の人が多いところで
時代がかわりお客様の暮らしが郊外に移転したんだから
移動しないとお客様の為にはならないって話を私は延々としてたんです・・・。(笑)

自爆・・・。

ここでも使っていますよね自虐と失敗経験。実話を記載していますのですらすらとこの辺はかけますね。

まあ、どうも名刺交換している時不穏な空気感があるななんてことを感じていたんですけどね。

挙句に、名刺交換並んだ最後の方が商工会会議所の代表ってな方が並ぶもので駅前の名士・・・・。

もう、ぴくぴくしながら参考になりましたとか言われ・・・。
この張り詰めた空気。

いっやゃゃゃゃ~~そんな睨まないで・・・!!!!。
もう、心の中ではムンクの叫び・・・。

っほんとそんな感じなわけ俺。

でタイトルに使った文章はココまで引っ張って登場させました。この時の葛藤で一般に人に伝わりやすいイメージを伝える為に認知度が高く叫んでいる状況が伝わる映像を言葉にして記載しました。でココでブログなんかでは下記のように実際にムンクの叫びの画像があるとさらに引き込めますよね。

 

 

 

 

 

 

 

大丈夫か俺???
しっかり気を持て俺・・・。
もう心の声は逃げたいにげたい。
部屋の隅っこでいじいじしたい・・・・。

ここでも自虐ネタで心理葛藤をちょっとオーバー目にそして、どんな行動がココで記載されているとイメージしやすいかを付け加えて解説(部屋の隅っこでいじいじしたい)すると読み手が頭使うので印象に残るんです。

って迄心理は追い込まれつつ。
2次会・・・・・・・。

まだ引っ張ります。

で、あなたはそんなこと言いながら売り上げ幾らあんの???割腹のいいおばちゃんの社長に突っ込まれ・・・。初めて半年って言ったよね???これ???

売上そんなある訳ないじゃん・・・・。
半年やそこらで。
話してって言われたから話しただけで。

まあ、そこでもにらまれるわけです。

いっやゃゃゃゃ~~そんな睨まないで・・・!!!!。

でリピートで強調。ってな感じですかね。

そんな思いしながら伝えなきゃならんのです。
このノウハウ。
だから波及しないのかな????

なんてことを感じた寒い冬の夜であった・・・。

まあ二度とその集まりには呼ばれないけどね(笑)

それでもおいらは伝えていく・・・。

つづく。

 

ココまでですね。

基本ふんだんに感情や背景描写イメージさせるために映像などを言葉にして入れています。

こうやって文章を作ると作っている最中に書いている本人が楽しめて読んだお客様が楽しんでくれるかな?伝わるかな?とかわくわくしながらかけますのでやりながら楽しめたりするんですね。

是非、文章は書けないとかじゃなくてこんな感じで楽しんでみていただければ嬉しいですね。

えっつ?????なんか難しくなった????

まあそんなのは馴れです。やってれば自転車と同じで無意識に出来るようになります。

難しくても頑張ろうというあなたにラブ注入(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに私文章の勉強などほとんどしていませんのでプロのライター等が見たらめちゃくちゃな文面かもしれませんが(笑)その文章で数億は稼げますのでそれなりのものではないかなと思います。

 

とココで終わればよかったのですがまた続編を書いてしまいました。

さらに過激にしたのは下記。

また解説させていただきますね。

ギャラクティカマグナム!!!!(←古い???)

を食らって太陽系まで吹っ飛ばされたようなショックを受けたわけで・・・。それだけの衝撃を受けた経営の勉強が原理原則何ですね。

(解説しよう、ギャラクティカマグナムとははるか昔、私が小学生の頃連載されてた「リングにかけろ」(一応ボクシング漫画らしいかなり無茶な設定ではある)の主人公の必殺ブローである。打たれると背景が銀河系に吹っ飛ばされるような壮大なダメージを受ける)まあ私と同年代の人ならきっと分かってくれると思う(笑)

位のショックを受ける←マジうける。
経営のお勉強で?????
そんな事あるの???

って思うかもしれませんが
マジそのぐらいのショック受けます。
初めて聞く人皆無言になり一言も言葉を発しなくなるほど
茫然自失になる。

セミナー終わった後会場全体がシ~~ンとなるセミナーって初めてなわけで超ショックを受けるんです。

何故?ショックか?
間違いに気づくからです。

そんな経営のお勉強があるんです。

でワタクシモトウゼンボウダイナショックヲウケタ訳で。
ここで反応は二つ完全に拒否か完全に打ちのめされるか。

私はギャラクティカマグナム!!!!

食らったみたいに大きなショックを受けたわけ。

ぎゃふん・・・。
って感じ????????

何がショックかって先日書いたこれね。

顧客満足度を上げる
ターゲットを絞り込む
多様化に対応する
エリアを絞り込む
ニッチを狙う
差別化をする
ブランディングする
最高級のものを売る
努力根性で売上げを上げる
売り方を駆使する

今までお勉強してきた事と真逆の事を教えられたわけです。

といっても分からないと思いますのでここから私が太陽系まで吹っ飛ばされたほどショックを受けた内容をちょことと解説などしていきたいと思います。

では今回は
人・物・金について
世間では一般的に人物金って順番で商売しなよって教えられますがこの考え自体がずれているって話をされるんですね。

この順番では商売は成り立たない。

正確には
金・人・物これが正解。
理由は経済はお金で動くし労働もお金で動くからです。

金で商品仕入れて売ったお金で人を雇い育てるわけでしょ?

経営を上手く循環させたければ金作れってことです。

これ聞いて当時、どん底だった私はなるほど
だからビジネスが上手く回らないのか???

こういう経営者多いと思うんですよ。
金は使いたくない。
とにかく安くやらせる。

徹底的に叩く。
叩いて叩いて相手へこむ。
結局回りまわって最後自分に帰ってきて
自分へこむ・・・。

むぎゅっって感じ。
もうペシャンコって感じ。

私ね外注やっていたことあるので分かりますが
叩く会社に良い仕事普通の人はしませんよ。

自分を評価してくれてしっかり賃金を支払ってくれるところに良い商品はトウゼン回します。

結局そこで節約して肝心な良いものを逃してるんですね。

実際に海外の取引先が私を優先してくれて取引が上手く行くのはそういう付き合いの中で生まれるんですね。

私がビジネスがものすごく上手く行くようになったのはこれが起因です。

イエイ。

と、しばし納得したんですね。

で今はジャブジャブとは行かないまでも少しは余裕があるわけでお金があると仕事を外注にいくらでも振れるし
仕入れ資金も円滑に回る。

そうすると全ては上手く回るわけなんです。

人を雇うにはまず資金力。
当たり前のことなんです。
金払わなければ従業員も外注さんも何もやってくれませんし会社にいてもくれません。

そんなの当たり前。

金を使わず都合よく安い賃金で目いっぱい働け
残業手当ても出さんぞ金は出さんけど精一杯
俺の会社の為に労働しなせいって
やりたいわけなんだな日本は。

もう狂ってるわけで。
くるくるパーですよねこの考え。

本気でいい仕事してもらいたければかね作れって事。
外注にも金をケチるな。
しっかりした経営を会社を商売を成り立たせたければ金作るのが経営者の仕事なんです。

それが自分を会社をスタッフをお客様をゆくゆくは幸せにしていくわけで金が無いから金が造れない。

金が無いからいい仕事がいい製品が造れないわけで
金を稼げる仕事をしなさいと。

金が無いといい仕事してくれる人は雇えないと。

まあ実際に自分のセミナーなど高くするわけですよね。
人物金とかいいながら。
金じゃね???それ??????

って色々参加しながら思ったわけなんですね。

そう、ビジネス動かすには金なんです。
これ稼げ無いならどんなきれいごと言ってもいつか退場になるんです。

この話聞いたとき私の中で何かが外れたんですね。
なんか変わったんです。
楔が切れたってか?
稼がないと駄目だとね。

とはいえ、この話はほんのさわりに過ぎず
まだまだショック受け続けるわけなんですけど

次はギャラクティカファントムね(笑)
続く。

(解説しようギャラクティカマグナムは右のパンチのフィニッシュブローギャラクティカファントムは左パンチのフィニッシュブローである)

ではこちらの解説に移りますが長くなったので

続きは次のページで

 

輸入ビジネス・ビジネス全般について学びたいなら桑原が直接伝授。無料メルマガ 「0円集客」に登録!!

数々のビジネスを成功させてきた桑原浩二が輸入ビジネスに留まらず原理原則を踏まえたビジネスの構築方法・集客方法を紹介しています。
すぐに定員になってしまうセミナー情報や勉強会・ツアー情報・会員情報などもいち早く告知させていただきます。興味のある方は下記から無料登録

メールアドレス: (必須)
お名前:

売り方のマーケティングの「7つの間違い」 売り方のマーケティングとはまるっきり違う
ビジネスの成果を劇的に上げる真実の原則原則があるのを皆さんはご存知ですか?

無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』

メールアドレスを登録して
無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』を受け取る!

(必須)
(必須)

\ SNSでシェアしよう! /

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑原浩二

この人が書いた記事  記事一覧

  • Content is King 売れるサービス・商売の作り方・売れる商品の作り方1DAYセミナー募集開始

  • 上手にお金貯める方法貯金をするコツ。お金がなかなか貯まらない人への対策

  • アップセル・クロスセルとは?成功させる方法や客単価を上げる事例を解説. 2980円から550万までアップセルで上げてクロスセルで毎月80~150万コンスタントに売上げる私の実例

  • USPだの強みの強調とか?独自のポジションとか?ブランディングとか?それ間違ってますよ。

関連記事

  • メールマガジンマーケティング・見込み客を集める方法。

  • ターゲットを絞る戦略の間違い。ペルソナとは(マーケティングやビジネスの)

  • お客様を集める集客導線の作り方。リピート率の高い集客方法。

  • メルマガ集客メルマガ読者を増やす方法・毎月300名読者増するほったらかしのメルマガ集客

  • 見込み客リストの集め方。毎月300件以上ほったらかしで見込み客・メルマガリストを低価格で集める見込み客マーケティング

  • 無料集客の考え方の違い無料集客や0円集客ってネットでなくてもできますよ。