1. TOP
  2. コラム
  3. 影響力と集客の関係性。影響力が上がると集客と成約率が上がる。

影響力と集客の関係性。影響力が上がると集客と成約率が上がる。

 2019/05/12 コラム
この記事は約 8 分で読めます。 287 Views

こんにちは桑原です。

ビジネスの集客に影響力って項目がありこれがあると集客力は上がります。とはいえ、適当に名前付けてそれで影響力を高めようと言う動きがネット上には横行していますがこれをすると一時はいいですがいずれ影響力は落ちてきます。

と言うか、下手したら嘘ついて作った影響力を基にビジネスを展開すると立ち直れないぐらいの痛手となりますので見せかけの影響力なら無いほうがましです。

では、真の影響力ってのはどういうものか?

どういう影響力をつければ集客効果が高いのか等を解説させていただきます。

知名度・認知度・権威性・実績・信用度とは影響力とはに付くものです。

知名度・認知度・権威性・実績・信用度などが上がると影響力と言うのは作用しやすくなります。なので、有名人が持っていた使っていたというのも影響力の一つで著名人が愛用しているなんてのは分かりやすいですよね。他にも皇室御用達という商品などは権威性は大きく発揮されますので影響される人が多いと思います。

 

ですので、これを逆手にとって呼び方を変えて集客するという手法がありますがこれは駄目です。

影響力も何も無いですし、ある種、騙しているようなものですので冷めた時に波が引くように一斉にお客様がいなくなります。

起業したばかりの初心者に○○の専門化とか言うキャッチコピーつけて売り出すということが流行っていたりしますが、お客様は馬鹿では無いので普通に気づきますよ。

名ばかりの権威性では駄目です。

しっかりした実績を元に作らないと影響力なんてでません。

名選手と名監督は違うと言う話も大きな矛盾があります。

名選手と名監督は違うと言う話しを聞いたことがある人もいると思います。

選手時代はたいした成績を残さなかったけど監督したら指導力がよくてよい成績を残したってので実績が無くても指導はできるという人がいますが、無いですよそれ。

前提が違うんです。

選手時代はたいした実績無かったけど指導に回ったらって人は最低でもプロなんです。

プロでなければプロ野球の監督でよい成績は出せません。

最低でもプロになる実力があるんです。数限られたプロ野球試験通っているって実績があるんですよ。

起業した手でなんも無い会社逃げて起業したような人間の前提とまるっきり違いますよね?

これに当てはまるのは前職が同業種でその会社でTOP成績だったとか言う実績があるなら同じ条件です。こういう人はプロでも通用する確立は高いですがドシロウトを担ぎ上げて自分売上げを上げるためにその人を見せ掛けだけのプロに仕立てるって手法が横行していてそれに引っかかるから消えるんです。

あなたにも売れるものがある!!!

という事を指導するコンサルは言うでしょう。

その話を聴いたら怪しいと思ったほうがいいですよ。

名選手と名監督は違う。なのであなたも指導を売り物にしましょう。

そういったほうがそれ販売している人は儲かるからね儲かるのはその人だけ。

それやって生き残る人は本当に一握りですよ。

カモになるなって事。

大体自分でそんなでっち上げコンサルに自分がお客になった時にお願いしたいですか?

自分がやられて嫌な事をお客様にするなって事です。

メッキは剥がれますよ。

大抵そういうところで育った人の99%は5年後にはいないです、1年生き残るのもやっっとでは無いでしょうか?私も長い事この業界にいますが生き残っている人は少ないですよね。

上っ面ではうまくは行かないものですよ。

まずは実績なんです。

影響力を発揮する

知名度・認知度・権威性・実績・信用度ですがまずは実績なんです。

実績が付けばそれに信用が付き認知度が広がり知名度が上がってきます。

さらに、そこから成功実績が付けば権威にまで発展してきます。

ところが多くは逆をやります。

認知と知名度を先に広げようとします。

金かければ知名度なんて馬鹿がやっても上がるんです。

ばんばん広告打つかTVに取り上げさせればいいわけです。しかし、ろくに実力の無いものを認知度あげると言う事はこの人、大したこと無いよとか、この商品たいした事無いですよね?

ってのをわざわざ金かけて広げているような物ですので悪評が広がるんですよ。

大して美味しくも無い飲食店にTV取材が入るとつぶれるのはこの為です。

メディア使って大々的に広げて食いにきた人があそこあまり美味しくないぜって口コミ起こるわけですのでつぶれるのは当然です。

ネットの世界でも派手にやって悪評たてっている人沢山いますよね。

自然淘汰的にいなくなっていきます。

なので名ばかりのUSPの強調とかありもしない実績をうたうって広げると後々悪影響がでます。

数字って大事ですよ。

本当の数字であれば数字って大きな影響力が出ます。

そんなあおりみたいな事をしなくても数字が作れるビジネス展開がいくらでもあります。

まず先にそこでしっかりした数字を作ってからその数字を元にコンサルするなりすれば普通に認知度も権威性も上がるけどね。数字に信用がつきます。

なので売上げを上げるために広告を無理に使う人が多いですが広告は使ってもいいのですが赤字になるような使い方で数字をまず作ってその見せ掛けの数字で人を集めるからメッキになるんです。

ネットで色々なあおりにさらられているとわからない人多いと思いますが

売上げってそんな事しなくても普通に上がるものですよ。

そんなことしなくても普通に上がった数字を元にコンサルしたいならコンサルはじめればいいのではないでしょうか?

無理な設定しなくても普通に売上げ上がる方法を覚えてそれを使って実績出してその実績を元に指導始めれば普通に客だらけだけどね。

起業に失敗してそれからやり直して成功したお客様の話。

「売上げの上げ方を教えてください」

そのお客様は私にそういって相談してきました。

そのお客様は前職の経験を元に独立して売り上げがまったく上がらずサラリーマンに戻りました。その後、私のコンサルの門を叩いてきました。

その時、発した第一声が「売上げの上げ方を教えてください」

だったのでした。

このお客様は以前の勤め先はコンサルティング会社だったのです。

ですので、コンサルタントで独立しました。

しかし、独立してもお客様は一人も取れなかったそうです。

そして、起業を諦めてサラリーマンに戻った際に私のところに指導を仰ぎに着ました。

かれこれもう5年ほどは指導しているでしょうか?

何で?お客様が取れないんでしょうか?そう質問されましたのでそのままずばり包み隠さず答えました。

「君ね?自分で売上げ上げた事ある????」

彼は答えました無いですとの事。

「君がお客様の立場なら売り上げ上げた事が無いコンサルタントにコンサル依頼する???」

彼の返事は

「しません」

でした。

答え分かってんじゃん。

当時はこんな会話をしていました。

しかし今はどんどん問合せを取っていてあるジャンルのコンサルで引っ張り凧です。

先月も80万円150万円170万円の契約を決めました。

何故そうなったかと言えば実績をまず作ってその実績にもとずいたコンサルをはじめてもらったからです。

まずは売上げ上げてみようか?

と言うところから組み立てさせました。彼にやらせたのは物販です。

何故?物販を進めたか?物販は誰がやっても売上げは作れる商売で一番単純な構造になっている商売だからです。

で物販で売上げを作らせました。

 

上記の売り上げの他に彼は今最高月で240万先月は160万ほど物販でも売上げています。

しかも、今現在もサラリーマンで年収で450万ほどあります。

ちなみに今サラリーマンしながら月商1800万行きました。年ではなく月ですよ。

どうでしょう?その辺のうだつの上がらない経営者よりはるかに稼いでいると思うのですが

とはいえ今年は年商で1億目指させて独立してもらいますが

この実績がある人のコンサルなら受けてみたいという人がいると思います。

これ実話で今現在も指導しています。

 

これを作ったことで知名度・認知度・権威性・実績・信用度全てがつきました。

なので影響力が抜群につきました。

小手先のテクで広告で数字でっち上げて作ったなんっちゃって的な数字ではなく彼は安定してコンスタントに数字を作ってきます。

それを実力と言い実力が影響力を作るんです。

それが本物では無いでしょうか?

見せ掛けの数字なんか何も意味はなさないですよ。

SNSの中ではいいねを増やすためにいいねやコメント廻りしなさいとかインスタの数字増やしなさいとか言われますが実績に付いた数字ならいいですが見せかけで増やした数字なら意味は無いですよ。

コンテンツがしっかりしていてそこに着いた数字は大きな影響力を出しますが見せかけの数字なら意味をなしません。あっても数年後には消えていきます。

そうではなく本当に集まった数字を増やしましょう。

それが唯一の生き残る道です。

まとめ。

知名度・認知度・権威性・実績・信用度があって影響力が機能します。

ただし、これらは確かな裏づけがあって機能するものですでっち上げてもすぐに駄目になります。

ただし駄目になるまでに一気に一生使い切れないぐらい稼げればいいですがそういう状況になれる人は少ないです。狭き門を目指すより本物になる道を選ぶほうが私は賢いと思いますがどうでしょうか?

 

 

 

 

 

輸入ビジネス・ビジネス全般について学びたいなら桑原が直接伝授。無料メルマガ 「0円集客」に登録!!

数々のビジネスを成功させてきた桑原浩二が輸入ビジネスに留まらず原理原則を踏まえたビジネスの構築方法・集客方法を紹介しています。
すぐに定員になってしまうセミナー情報や勉強会・ツアー情報・会員情報などもいち早く告知させていただきます。興味のある方は下記から無料登録

メールアドレス: (必須)
お名前:

売り方のマーケティングの「7つの間違い」 売り方のマーケティングとはまるっきり違う
ビジネスの成果を劇的に上げる真実の原則原則があるのを皆さんはご存知ですか?

無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』

メールアドレスを登録して
無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』を受け取る!

(必須)
(必須)

\ SNSでシェアしよう! /

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kuwabara

この人が書いた記事  記事一覧

  • おっさんのビジネスは何時しかマグロのようになった。

  • セミナー講師・コンサル業のリピート顧客の増加・新規顧客の増加。45回同じセミナーを集客し続ける秘訣。

  • 億り人ってどうなった???自力で稼げる力を着けよう。

  • あなたは何屋さんですか?と職種を絞ると失敗しやすいよ。

関連記事

  • ビジネスで成果を出すために勉強すべきこと。

  • 成果の出る順番。

  • 思考は現実化しない?思考は現実化する?どっち?

  • おっさんのビジネスは何時しかマグロのようになった。

  • 成功したければ付き合う人を変えなさいというお話について。

  • 再現性の高いビジネスはいつか卒業しないとね、再現性ゼロのビジネス。へ