1. TOP
  2. コラム
  3. ビジネスや商売で「成果が出る人と出ない人」の違い。

ビジネスや商売で「成果が出る人と出ない人」の違い。

 2020/04/07 コラム メンタル
この記事は約 9 分で読めます。 213 Views

こんにちは、桑原です。本日は、「成果が出る人と出ない人」というお話を書かせていただきたいと思っています。かれこれ10年以上ですかね。いろんな人を指導してきまして、中には億越えとか収入で億を超えているような人もいれば、なかなか成果が出ないという人もいまして、いろんな人を指導してみてきました。

 

指導というかコンサルティング業務ですね。そういうのを始めて10年近く経っています。今現状毎月それでも70人ぐらいはコンサル受講生はいて。その中で成果が出る人と出ない人は大きくひらきがでるなと感じています。。

 

成果が出てどんどん成長していく人となかなか成長しない人は、あきらかに動きが違います。

これは指導しているとよく分かりますが、成果が出せる人は言ったことに対する行動がすごく早いですね。なので、なかなか行動ができない人とかいますが、そのへんを直してみることかなというところと、あとは継続と繰り返しができるかどうかですね。これ、成果出すのに非常に重要です。

 

 

1回目はなかなかうまくいかないんですよ。

これは私がやってもそういうことは多々起こりますし、新しいいことを次々に私とか取り組んでますが、1回目はなかなかうまくいかないこと多いです。ただ、2回目3回目になると成果が出ることがたくさんありますので、1回で辞めてしまうのではなく2回3回と繰り返してやっていくことで、どんどん精度があがってくるんですね。できればずっと続けるぐらいの気持ちで毎日のようにやり続けると、例えばブログ一つとっても書くことが上手になります。

 

ところが多くの人は、ちょっとやってみて「なかなか向かないな」と思ったら辞めてしまう傾向があるのですね、向くか向かないかって非常に分かりやすい問題で。

うまくいっていれば向くと思うんですよ。

うまくいってないと向かないと思うんです。

これね、やって成果が出るまでに辞めてしまうとすべてが向かないことになります。

なので、「自分には向いているな、向いていないな」じゃないんですよ。実を言うと。やってうまくいったことが自分で向いているなって思うだけのことなんですね。

 

なので、やりもしないで向いている向いていないっていうのを決める。あるいはちょっとだけやって成果が出る前に向いている向いいてないっていうのをいちいち自分で判断してないこ止まらないことなんですね。

一定期間ずっとやり続けたうえで成果が出たと。成果が出れば、その時にこれは私に向いているんだっていう判断になるんですよ。なので、ろくにやりもしない状態で向いている向いていないっていう判断をすること自体がもうすでに間違ってるんですね。

 

成果が出ると、大体不向きだと思っていたことが全部向いていることに代わります。なので、それにいく前の言い訳なんですよ。すべてが。なのでその言い訳をやめるってことですね。

 

あとは、成果出る人は行動が早いです。言ったことすぐにやります。あとは、やったあとの質問の内容が変わるんです。ところが成果出ない人は、まったく動かないのに質問をしようとするんですね。これは質問の内容が変わってないので、こちらもやってないなって分かるんですよ。指導してると。なのでやったあとの質問に変わるように、自分でまず行動をすることかなと思いますね。

 

例えば同じコンサルティングでワークを使っていろんなお客様を指導していますと、中には今日質問する事項をぎっちりつめて書いてきている人とかいるんですね。それを毎回毎回質問して、毎回毎回課題をクリアして。課題をクリアするから質問が新しくなるんですよ。やらないと質問が変わっていかないので成長できないんです。なので、どんどんどんどんやる癖をつけてください。

 

それと、成果出す人は総じてレスポンスが早いです。

何か連絡した時にすぐ連絡が返ってくるとかね。そういう人はやっぱり伸びやすいかなと思いますね。全然連絡がつかなかったりとか連絡したのに翌日になってやっと返事が来るとかね。そういう人はなかなかうまくいかないと思います。

理由は、周りがそれに付き合ってられないんですよ、みなさん忙しいので。仕事するってことは相手の時間を奪ってるんだってことを考えたうえで、レスはすぐに帰したほうがいいかなと思いますね。その時、例えば電話に出れなかったとしても、1時間後ぐらいには折り返し電話するとかね。必ずそういう癖をつけておく方がいいです

 

一方、成果出る人はレスポンスがすごく早いですよね。だから仕事してて気持ちいいんですよ。なのでまた次に何か話振ったりとかいうようなことになりますけど、逆にいうと仕事をやっていてレスが遅いと「やる気ないんだろうな、この人は」っていう感覚になる人が多分多いと思います。なのでスピード感ですね。そういったことと継続できることですね。この2つ非常に重要なことなんですね。

 

あとは、成長の過程を知ることですね。成果って、売上っていうものだけではないんですよ。売り上げに導くための、その前の段階がいくつかあるんですね。いろいろ。

例えばブログとかだったらGoogleの検索エンジンのアナリティクスとか見て、アナリティクスの数字がどう変わってきたんだとかそういう細かいところを見ていくと、やったことに対して反応が出るか出ないかって分かってくるんですよ。

 

その反応が出てくると、人間って面白いので続けるようになるんです。この反応の出方の違いが分からないと、やってもやっても当然問い合わせなんかはるか先なんですよ。なのでなかなか続かなくなって、やめてしまう。反応が出るまでにね。

ところが実際に細かい数値の見方を知っていると細かいところが変動していきますから、それが自分の成長の記録なんです。なのでそれが分かっている人は成果はやっていればいずれついていきますので、そんなに焦らずにコツコツ続けることができるんですね。

 

問い合わせが入る前にアクセス数が上がり、キーワードでの露出が増えて検索順位が上がりクリック率が増加してメルマガなどへの登録数が上がります。

問い合わせはこれらの工程を経て初めて来ますがこの工程の一つ一つが成長しないと問合せまでむずび付きません。この数字の細い味方を知らないと成長しているにも関わらずやめるという事を起こす人が多いのです。その数字の見方を知り変化を楽しんで進めることです

 

ところが最近の風潮は、3か月で成果を出すとかね。そういうのよくあるんですよ、インターネット上に。「3か月で売り上げ何百万!」とかいうのがいっぱいあるんですけど、そういうのを見て「いや俺も」っていう気持ちになる。その気持ちになるのはまあいいんですけど、それがうまくいく人とうまくいかない人は前提があるんですよ。持っている商品とかね。そういったものによって変化が出るので。

 

あとは3か月で成果出すってなると相当なお金を使わないとならないので、自分がその予算を出せるのかどうか。予算を出して突っ込んだ時に、売上がっても赤字っていう人はいっぱいいるんですよ。売上だけを言ってるだけですから。実際には蓋開けてみたら赤字で真っ赤っかだったっていう人いっぱいいるんですよね、いろいろ話聞きますと。それに耐えられるのかどうなのかなんですね。そのやり方だとね。

 

それができないのであれば、じっくりコツコツやったほうが必ず勝ちます。積み上がっていきますから。成果ってね。その積み上がり方ですね。あとはその成果の見方が分かっているとビジネスがうまくいきやすくなるんだよっていうことをよく覚えていただけたらなと思います。

 

なので、やっぱり行動の早さ、継続力、あとは選択ですかね。扱った商品、あるいは扱ったビジネスが成果が出やすいビジネスだったというかたちになると成果が出るのが早かったりしますよね。そのへんを気をつけていろいろ動くといいんじゃないかなと思います。

 

あとは、動けない人は動けない原因があるので、それを言い訳せずに原因を取り除くようなことを考えてみるといいんじゃないかなと思いますね。お金がないんだったらなんでお金がないのかな、お金がない理由はなんなのかなっていうところから入っていくとかね。そういうのを1個1個潰していくんですね。

 

私も昔動画を始める時にスマホがカバー付きのやつでね。三脚にスマホをセットするのにいちいちカバーから外さなければならなくて、面倒くさかったんですね。なので、ちょっとやったけど面倒くさくて続けなかった時があります。今はスマホのカバーを変えたんですよ。

そうすると三脚にセットするだけですから、いちいち外さなくていいので結構楽なんです。

ただそれだけの理由で継続できるかできないかって、意外と変わってくるんです。

これ私の場合ですけどね。

カバー外すのがすごく大変だったんです、そのカバー。それが理由で続かなかったので、外さなくても録画ができるカバーに変えたってだけで、どんどん継続ができると。

 

あとは数字というものですよね。先ほども言いましたけど、実際に動画をあげてそれが見られてる。再生されてる回数が多くなったりとか、読者登録が2週間ぐらいで二十何人ぐらいから八十何人ぐらいまで増えてるので、数字の変化が出ていますからこれは続けたいなとか、やってて面白いなというふうに思うようになると、人間って誰でも続けるんです。

 

向き不向きでいうと、私はもともと動画が向いていない人だと思っていました。なんでって面倒くさいし、髪の毛とかセットするの嫌ですし、すごい私面倒臭がり屋なんですよ。でも続くんですよね。だから面倒くさがり屋だから続かないというわけではなくて続かない原因がいっぱいあるので、その原因を1個1個取り除いていくと誰しもだんだんできるようになるんじゃないかなと思います。

 

なので、自分がもし継続ができないのであれば継続できない理由を探して、そこの問題点があるんだったらその問題点を解決する。

そこに継続するために知識が足りないのか、

機材が足りないのか、

時間が足りないのか。

いろいろあると思うんですよ。それをどう取り除くか。中には知識を投入をしないとできないという場合もあると思いますし、機材の買い替えをしなければ駄目だというパターンもあるとは思うんですけれども、いろいろ続けられない理由が必ずあるんですよ。

それを1個1個取り除くと継続って意外とできるようになってきますので、ぜひそんなかたちで継続できるということと、あと学んだことを取り組むということですね。どんどんやっていく癖をつけていただけるといいんじゃないかなと思います。

 

なので成果が出る人は継続力と行動力が全然違います。その行動が新しい質問を生んでくるので、その質問が進化してくるんですよ。質問が出れば答えが出ますから、その答えによってまた行動が変わると。それによって成長していくんですね。それがないと初期の勉強しただけだと質問が変わっていかないので、そういう人はどっちかというと成長しにくいかなと思いますね。なので、学んだら行動して継続する。まあ一般的に言われてることなんですけどね。そういったことをやるといいんじゃないかなと思います。

輸入ビジネス・ビジネス全般について学びたいなら桑原が直接伝授。無料メルマガ 「0円集客」に登録!!

数々のビジネスを成功させてきた桑原浩二が輸入ビジネスに留まらず原理原則を踏まえたビジネスの構築方法・集客方法を紹介しています。
すぐに定員になってしまうセミナー情報や勉強会・ツアー情報・会員情報などもいち早く告知させていただきます。興味のある方は下記から無料登録

メールアドレス: (必須)
お名前:

売り方のマーケティングの「7つの間違い」 売り方のマーケティングとはまるっきり違う
ビジネスの成果を劇的に上げる真実の原則原則があるのを皆さんはご存知ですか?

無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』

メールアドレスを登録して
無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』を受け取る!

(必須)
(必須)

\ SNSでシェアしよう! /

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑原浩二

この人が書いた記事  記事一覧

  • Content is King 売れるサービス・商売の作り方・売れる商品の作り方1DAYセミナー募集開始

  • 上手にお金貯める方法貯金をするコツ。お金がなかなか貯まらない人への対策

  • アップセル・クロスセルとは?成功させる方法や客単価を上げる事例を解説. 2980円から550万までアップセルで上げてクロスセルで毎月80~150万コンスタントに売上げる私の実例

  • USPだの強みの強調とか?独自のポジションとか?ブランディングとか?それ間違ってますよ。

関連記事

  • 勇気の源。根拠の無い自信を持て???馬鹿なこと言ってんじゃないよ。自信には根拠持たなきゃ駄目だよ。

  • 億り人ってどうなった???自力で稼げる力を着けよう。

  • 経営者にモチベーションはいらない。楽しくいきましょう。

  • 成功したければ付き合う人を変えなさいというお話について。

  • 継続は力なりさらなる継続は宝なり

  • 成功した業態転換のやり方と業態転換の成功例。仕事を変えなければならない理由。