1. TOP
  2. コラム
  3. 人を動かす。ってビジネスでは非常に重要

人を動かす。ってビジネスでは非常に重要

 2022/07/10 コラム
この記事は約 3 分で読めます。 15 Views

有名なビジネス書のタイトルにもありますが、人を動かすってビジネスでは非常に重要な事で、ビジネスが中々上手く行かないと言う人は周りが分かってくれないとか、良い商品なのになんで理解されないんだろう?と言う気持ちになった事あると思うんです。

こんなに良いサービスなのに理解されない。

そんな気持ちになる事もあると思いますが、それね周りが分かってくれないんではなく、あなたが周りを理解しようとしていないんではないのかな?という事をまずは疑ったほうが良いですよ。

分かってもらう前にあなたが相手のことを理解すべきです。

相手が何を求めているのか?を無視して自分のことばかり優先して自分の商品だけ理解させようとするから相手にされないんですよ。

マズ相手の欲しがるものを理解するんです。そうすると相手も聴く耳を持ってくれます。そして、相手の欲しい商品やサービスであれば相手が動きます。

それが人が動くという事になるのではないですか?

この辺もっと突っ込んでこのページでは色々解説させていただきます。

ネットの先にいるのは人なんですよ

ネットビジネスをしている人とかで意外と忘れがちなのがネットでビジネスをしているので人とのかかわりとか必要ないと思う方がいるようです。

私もネットビジネスの系の勉強会なども沢山出ていましたがネット系の人で多いのがネットだから人のかかわり関係ないと思う人が多いように感じますが、商売している限りネットの先で商品買うのはお客様なんですね。

デジタルだろうとアナログだろうと相対するのは皆、人なんです。

ココ忘れて自分勝手な商品売ろうとしたり相手考えず色々書いたりする人もおいですが売るほうにも都合があるでしょうがお買い上げいただくお客様にも都合があるわけなんです。

売れる人商売が上手い人というのはこの辺の理解が深いんですよ。ココ理解ぜすに自分の思いを売ろうとするので売れなくなるんではないでしょうか?

売れないというのはただ売れないのではなく人が動かなかったってことです。人が動かせないと売れるものも売れないんですね。そこよく考えて見ましょう。

例えばスタートアップというビジネスの形があります。出資受けるってのですね

出資する人は何故?その事業にお金を出そうとするのでしょうか?

これも人がどう思いどう動くかというものに関係があるんです

続く。

売り方ためたら売上爆上げ!!
修正が必要な3つの基礎と7つの原則

輸入ビジネス・ビジネス全般について学びたいなら桑原が直接伝授。無料メルマガ 「0円集客」に登録!!

数々のビジネスを成功させてきた桑原浩二が輸入ビジネスに留まらず原理原則を踏まえたビジネスの構築方法・集客方法を紹介しています。
すぐに定員になってしまうセミナー情報や勉強会・ツアー情報・会員情報などもいち早く告知させていただきます。興味のある方は下記から無料登録

メールアドレス: (必須)
お名前:

売り方のマーケティングの「7つの間違い」 売り方のマーケティングとはまるっきり違う
ビジネスの成果を劇的に上げる真実の原則原則があるのを皆さんはご存知ですか?

無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』

メールアドレスを登録して
無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』を受け取る!

(必須)
(必須)

\ SNSでシェアしよう! /

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑原浩二

この人が書いた記事  記事一覧

  • 人を動かす。ってビジネスでは非常に重要

  • 価格と集客の事を真剣に考えてみようか?

  • ビジネスが上手く行かない人の足りないもの6選

  • 「マーケティングの究極の目的はセールスをなくすことである」の真意

関連記事

  • 成功した業態転換のやり方と業態転換の成功例。仕事を変えなければならない理由。その2

  • 自費出版と商業出版の違い、ビジネス書を出して売上げは上がるか?

  • USPだの強みの強調とか?独自のポジションとか?ブランディングとか?それ間違ってますよ。

  • 上手にお金貯める方法貯金をするコツ。お金がなかなか貯まらない人への対策

  • 経営者にモチベーションはいらない。楽しくいきましょう。

  • 伸ばせるビジネスと伸びないビジネス。