1. TOP
  2. マネタイズ
  3. 商品単価を上げる方法、単価が上がるとお客様が来なくなる人への処方箋。

商品単価を上げる方法、単価が上がるとお客様が来なくなる人への処方箋。

 2019/02/24 マネタイズ
この記事は約 8 分で読めます。 240 Views

こんにちは桑原です。

私のところには様々なお客様が来て色々な相談をされるのですがその中で商品単価が上げられないとか商品単価を上げたらお客様が来なくなってしまったって相談なども着ます。

まあ値段高く売りたいってのは商売人の一つの本音です。で付加価値つけて高額でってことを学ばれる人が多いですが単価あげるのに付加価値なんていらないですよ。

付加価値つけて高く販売しようとすると足元すくわれます。値上げにはやり方があります。自然に値が上がるようにするには何が必要なのか?

その辺についてこのページでは記載させていただきます。

セミナーなどを最近は高額で販売しようとしますよね?これ無理あると思いません?

最近の傾向でコンサルタントで起業ってのがどうも流行っているようですが、多くの人がこれらに巻き込まれて一時的に売上げ上がるもその後の継続が出来ないでいなくなるって傾向が続いています。

これらは、あなたの経験が売れるといってだれかれかまわず高額で売るために付加価値つけたり無理なキャッチコピーつけて売ろうとしたりしています。

そして、集客に高額な広告費を掛けてセミナー募集するのでセミナー自体が高額で無いと単価が合わないないと言う現象をまねき高額講座などを販売する動きになるんですね。

よく考えてみると分かりますが売るほうは売りたいからあなたの経験が売れるって言って募集をするんですが、よ~~く冷静になってみてください。

耳障りの良いあなたを肯定するうたい文句で誰にでも売れる経験はあるといってお金取るんですよ。確かに経験が売れる人もいます。けどそんな高額で売ってお客様を満足させられるような実績がある人はほとんどい無いんですよ。

それをありもしない強調されたキャッチコピーやらを捏造して盛りにもって売り方駆使して販売するわけです。

売り手に回るとその感覚がおかしくなるんです。逆に冷静に考えてあなたはそんな盛りに盛られた平凡な商品を高額で購入して嬉しいかってことです?

嫌でしょ?私は嫌ですよ。で自分がやられて嫌な事をお客様にはさせるの?

その辺で平々凡々に暮らしてきた生活してきた人の得意な事を50万とかの値段で売られて喜ぶ人間いるか??ッてことです。

どう考えても無理あるでしょ。

ですがその場に行くと巧みに洗脳されてくるんです。

心理テクニックの手法でしかないんですよそれらって。

で200万とか広告費出して300万売上げとかなっちゃうわけです。

これね、一見100万の利益出ているから上手く言ってんじゃ???って気になるかもしれませんがここら会場費だ経費差っぴいて消費税払って法人なら社会保険払ってとかやっているとほとんど赤字の人が多いんですよ。

そして1回目は通用しますがビジネスってね継続が必要なものなんです

しかも1回目はいいけど2回目以降採算合わないってパターンが多くなるので結局経費倒れで借金まみれで撤退ってパターンが多くなるんですね。

安い金額で経験を売るならお客様も納得します、しかし最近の傾向は広告費回収するために売り物を高くしないとならないって傾向になってきていますので値上げの根拠がまったく無いんですね。

それやる限りあっと言う間に退場になります。

では、無理なく値上げするにはどうしたらいいでしょうか?

高く売らないと成り立たないのは売り手の都合ですよね?

広告費を突っ込んで高く売らないと商売成り立たないってのは打っている人の都合ですよね?

高く売らないと成り立たないような適当なビジネスモデル作るからそこに巻き込まれるわけです。広告費を大漁に使ってお客様集めなければならないのも売っている人の都合でまるっきりお客様のことなんか考えて無いですよね?

それ続ける限りいつかお客様は離れていきますよ。

自己都合でビジネスやっているわけですので、世の中にはカリスマがいてしっかりと実績積んでいる人の講座とかなら高くてもいいんですよ。しっかりした対価になりますからそこと一緒に考えたり自分がそれだけの実力をつける前に洗脳の仕方学んで広告のやり方と売り方を駆使して会場の場の力か心理学で売ることを学ぶからお客様が興ざめするんです。

そういう高額の売り方を学ぶんじゃなくて自然の原理で値上げしていく方法を学ぶと自然に値上げができますよ。

競争の原理を使い値上げするんです。

日本で価格がどんどん上がった時期って知っていますか?高度経済成長期からバブルの時代です。

この時代は物の価格がどんどん上がって行きました。マンションとか買っても必ず値上がりしましたので不動産投資して資金回してお金増やした人が多いですよね。

しかし、最後はバブルがはじけて逃げ遅れた人は破産したようですけどね。

この時代に値段がどんどん上がった理由は単純な理由です。

購入する人が多かったけど供給されている商品が少なかったんです。

1個の商品を10人がほしがり取り合えばどうなるかはわかりますよね?誰かが買おうとした横で俺その人の倍出すから俺に譲ってっていってくれば商品お値段は自然と高くなりますよね?

100円のものを俺150円だすいやいや俺は200円出すってなればお客様が勝手に値段を上げて行くわけです。これが競争の原理。

高度経済成長期などは物資が無かったので高額でも購入する会社があったんですね。

なので単価は普通に上がる。

ところが今は?至る所に同じものが販売されていて溢れかえっていますよね?

売り手が多く買い手が少ないわけです。だったら売っているほうは買ってもらいたいのでA社が100円で売るなら俺のところは80円で売るけどどうだってなるのがまあ今の時代ですよね。

商品の供給が利用者の数を上回ったって感じですかね。

この原理を値上げに使います。

ではこれを自分のビジネスに応用して値上げしていくにはどうすればいいでしょうか?

競争の原理の応用の仕方

競争の原理を応用するにはまずお客様で常に満席の状態を作りその中でさらにアップグレードプランに申込ませれば何の問題も無く価格は上がりますよね?

いつでも満席でセミナーに入れないって状態が続くなら価格を上げてもお客様は付いてきますよね。

何故ならそのセミナー自体に希少性があるからです。

セミナーでなくてもサービスでもいいですよね?行列ができて順番待ちするぐらいのコンサルティングサービスは高くてもお客様は申込み着ますよね?

ココで、ひとつ問題がでるのがそもそもその満席とか行列が出来ないから困って売り方を勉強するんじゃ無いですか???ってそもそも論になることが多いのですが、

お客様が集まる集まらないって売り方ではなく商品の問題ですよ。

本当にお客様にとって良い商品を提供していたらお客様は口コミでどんどん広がりどんどん来るようになりますよ。売り方駆使しないと売れないような商品売るから客が来ないんですよ。

なので、本当にお客様に良い商品とはなんぞやって所の勉強をするんです。

これが理解できればお客様だらけですよ。

いやいや良い商品扱うなんて当たり前だよね?????って言う人もいますがそういう人で大行列できている人は商品のことが分かっていると思いますが、そもそもお客様も来ないし集客に苦労しているのに私の扱っている商品は良い商品だっていているで良い商品扱っている人なんて一人もいないですよ。

売る人にとって良い商品とお客様にとって良い商品は違うんです。

お客様どんどん押し寄せてくる商品と言うのはお客様にとって良い商品てことです。

売り手にとって良い商品なんてお客様に関係ない物を良い商品だって思っているからお客様が来ないんですよ。良い商品はお客様にとって良い商品てことですよ。

この例はセミナーなどの事例ですがでは物販とかならどうでしょうか?

ブランド品の売り方って知っていますか?

ブランド品て高価なものありますよね?何で高価なんでしょうか?

ひとつはブランド力そしてもうひとつは希少性を演出しているからです。ブランド物って生産数が借りられているものが多くて2000個生産しても限定500個とかで売り出して残りの数は捨ててしまうなどしているんです。

これすると数限られているものは希少性がでるので高額で取引されるわけです。

たとえば私の知人のBerのマスターは芸術家とかのイラストの入った限定品のウイスキーのボトルとかを製造して販売している人がいます。100本限定とかです。

これらって売り切り商品ですが高額で取引されています1本10万とかですが大体在庫無いですよね。ブランド要素と限定要素が付いているからです。

限られた数をお客様が欲しがるので高くても売れるわけです。自然の摂理ですよね。

自分の都合を高く売るのではなく高くても購入する状況を作るんですよ。そうすると普通に売れますよね。ちなみにこれらの限定ボトルは10万円で購入して100万200万で後で価値が付いて売買されるものもあったりするんですよ。

高く購入する価値はありますよね。

まとめ

毎回毎回このブログにはしつこいぐらい書いていますがお客様は売り手を満足させるためにいるのではないです。商売と言うのはお客様の困りごとを助けるとかお客様に嬉しさ楽しさを提供するためにするものです。その観点でビジネスを組み立てればお客様のほうから行列を作ってきてくれますよ。

真のお客様のためとはどういうことかを学ぶといいと思います。

輸入ビジネス・ビジネス全般について学びたいなら桑原が直接伝授。無料メルマガ 「0円集客」に登録!!

数々のビジネスを成功させてきた桑原浩二が輸入ビジネスに留まらず原理原則を踏まえたビジネスの構築方法・集客方法を紹介しています。
すぐに定員になってしまうセミナー情報や勉強会・ツアー情報・会員情報などもいち早く告知させていただきます。興味のある方は下記から無料登録

メールアドレス: (必須)
お名前:

売り方のマーケティングの「7つの間違い」 売り方のマーケティングとはまるっきり違う
ビジネスの成果を劇的に上げる真実の原則原則があるのを皆さんはご存知ですか?

無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』

メールアドレスを登録して
無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』を受け取る!

(必須)
(必須)

\ SNSでシェアしよう! /

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kuwabara

この人が書いた記事  記事一覧

  • インターネット集客やWEBマーケティングのやり方、無料集客や広告集客ソーシャルメディアの使い方

  • 影響力と集客の関係性。影響力が上がると集客と成約率が上がる。

  • プロデューサーというビジネスのやり方。ビジネスプロデュースや養成・課金方法など

  • 起業ってそんなお気楽なものだったかな?

関連記事

  • マネタイズ事例・5社の経営にかかわり17個のキャッシュポイントを持つマネタイズの方法

  • マネタイズについてマネタイズのやり方、収益化大きく変わるマネタイズとは