1. TOP
  2. 経営の原理原則
  3. 自分の売りたい商品やサービスを売る限りビジネスは単なるまぐれ当たりになりますよ。

自分の売りたい商品やサービスを売る限りビジネスは単なるまぐれ当たりになりますよ。

 2018/02/27 経営の原理原則
この記事は約 7 分で読めます。 852 Views
私のところによく相談される商売の悩みと言うのは、
この商品を売りたい。
このサービスで成功したい。
と言うご相談を受けることがたくさんあるのですがそのビジネス展開をやっている限り大きな成果を出すことというのは基本的にできないと思ってください。
正確には出来なくはないんですがその後が続きません。
その商品を売らなければならないのは
あなたの都合でありあなたの思いである。
お客様には全く関係のない行為何のです。それを売ろうとしている限りビジネスと言うのは上手く行ったとしてもまぐれ当たりにしかなりません
そのビジネスの後にまた違うビジネスを始めた時、たまたまがうまく当たれば良いですが、
ほとんどの方は次のビジネス上手く行かない。
と言う方が多くなりますその理由は1回目のビジネスが
自分の思いを乗せたものがたまたま当たったまぐれ当たりを引くと
その後勉強をしなくなるからです。
そして、次も当たるとは限りません。
単なる偶然を実力と思い込みますので失敗確立も上がります。
この現象はコンサルタントをしている人のほうが思い当たる事が多いと思います。
Aさんはうまく行ったけどBさんはまったく駄目。
或いはAさんの1回目は上手く行ったけど次の企画は駄目。
同じ対策をして同じことをやっているのに何でだ?
と言う現象で悩んでいるコンサルタント表には出しませんけどものすごく多いんです。
指導しているコンサルがこういう状況ですのでその指導を受けているお客様はもっと混乱します。
これね、やり方間違ってるんです。
これを打破するためには何をすればいいのかということを解説せていただきます。

お客様はあなたを食わせるために存在しているわけではない。

よく、私の所に相談に来る方で下記のようなことを言って来る方がいます。
すでに仕入れてしまった商品を。
自分で作った商品を。
自分で勉強してきたビジネスの内容を。
あなたの趣味やあなたの好きのことを。
あなたが取った資格を。
売ってあるいは集客していきたい。
そういう相談をされますがそもそもこの考え方が間違いなんですよ。
これらの商品やサービスを売っていくために懸命に多くの方は売り方の勉強されています、それにより売れるものもたまにあります。それらが売れるのはたまたまあなたが選んだものが、お客様のニーズにマッチしていたからと言うだけにすぎず、
またこれを次の機会に再現すると言う事は基本的にはできません。
そして、そのビジネスが未来永劫続くのであれば良いですが今の時代は時の流れが早いです。
人の暮らし人の生活が次々と変化していく時代です。
なので一度当たってもそれが今後も売上げを運んでくると言う事は今の時代にはありません。
時代がどんどん変わっていきますのでその商品をたまたま当てても持っても3年5年と言うサイクルがいいところです。
そのサイクルが終わった時、
また同じように自分の好きなものでビジネスを当てる。
とい事ができないので多くの経営者は消えていくんです。
消えていく人を何人見てきた事か。
なくなっていく職業も山のようにあります。
今私がこのようにブログに文章打っているのでさえ、今はキーボードを使わずに音声で入力ができる時代になっています。
なので既にタイピングの技術、ライターと言う職業でさえ仕事を奪われると言うことがすぐ直前に迫っているという時代になっています。
本当のプロのライターさんであれば、
人を魅了するための文章というのが必要になりますから本格的な人は多少は生き残ると思います。
しかし、本当に狭き門になります。
雑誌ですとか本が書けるレベルのライターさんでしたら生き残れると思いますが、ちょっとした小遣い稼ぎで文章の代行をされてるような人は生き残るのはきつい時代になってくると思います。
これは時代の流れでそうなっていきますので避けられないことなんです。
ましてや最近はパソコンさえ使わない世代がたくさんいます。
私もこの業界で長いこと生きてきた人間ですので、まさかパソコンが使われなくなる時代が来るとは全く想像もしていませんでした。
しかし最近の傾向としてはパソコンが使えないパソコンを使わなくてもスマホで代用できるそういう時代が訪れています。
こういった時の流れに対応してわれわれは商売を変えていくということをやらない限り、自分はこれしかできないから自分は私はこれが好きだから私はこの資格を苦労して取ったからと言うのは単なる言い訳でしかありません。
時代は変化しますので好きな事で起業してもすぐに駄目になります。
それを続ける限り必ずいつか失敗します。
昔は店舗を作れば30年は持ったと言う時代があります。
30年間で借入金を返して残りの10年で資金を作る。実際に60歳代になる社長の方とお話しした時そういうことを話されていました。私が生きてきた時代はそういう時代だったと言うことをお話をされていました。
しかし今は店舗の立地は5年しか持ちません。
5年以内に初期投資を回収しない限り赤字になる可能性が高くなります。
それぐらい人の暮らしの変化が激しいのですね。
それについていくためには我々が変わっていくしかありません。お客様の暮らしが時代とともに趣味嗜好が生活スタイルが変わったのであれば、我々がそれに合わせてお客様の暮らしを支える商品を用意してあげるこれがビジネスの原点です。
しかしビジネスを教える側が自分のビジネスをどうやったら売れるか?ということを販売し始めました。コンサルのほとんどは売り方しか教えられません。
その指導を受けたお客様もまた売り方を駆使して何とか商品を売る事を覚え始める。
それで、売れたのはたまたま商品がお客様のニーズを捕らえていただけなので次に再現するって事が出来なくなる。そして、一度でも成果を出した人はその後、学ばなくなる事が多くなるので結局他のビジネスで成果を出せず、時代の流れで今やっているビジネスが時流を過ぎると沈んでいく。
このサイクルが今の時代、思った以上に早くなってるんですね。
時流にのったっだけでも一生食えるだけの稼ぎが出来てしまった人などはいいと思いますが大抵はそこまで行きません。次も当てないと生き残っていけないってのが本当のところではないでしょうか?
次々にビジネスで成果を出していくには自分の売りたいものを売っている限り上手くいきません。
自分の売りたいものを販売するためにお客様を振り向かせる努力をするのではなく、お客様の為に自分が変わる。お客様の生活が嗜好が変わったのなら商売人が売り物を変えていくというスタイルに替えていく必要性があるんですね。
ビジネスはお客様の暮らしを支えるためにあるんです。
お客様の事がわかればビジネスは次々に成果を出せるようになります。この勉強をすることを私は強くお勧めしています。
お客様はあなたがどんなに苦労してその資格を取ろうとどんなに苦労して沢山の借金をしてお店を始めようとまったくお客様には関係ないんです。その苦労をお客様から回収しようとするからビジネスが難しくなるんです。
そして、もしあなたがお客様になるなら嫌じゃないですか?
自分の売上げの事しか考えないお店や経営者からサービスを買うのって?
自分では意識していなくてもそうなってしまっているからお客様が来ないんです。
自分の商品を売る必要性はまったくないんです。
お客様の必要とするものを用意して販売していく。
これをすれば立てる企画・作るサービスがどんどん売れるようになってきます。
私も以前はマーケッターでしたのでいかにして売るかで悩み、答えが出せずこのやり方に出会いました。そして今は、作る全てのサービスが次々にHITします。
お客様の方を向いて商売をするようになればお客様のほうから選んでくれるようになりますよ。
興味があれば勉強してみてください。
輸入ビジネス・ビジネス全般について学びたいなら桑原が直接伝授。無料メルマガ 「0円集客」に登録!!

数々のビジネスを成功させてきた桑原浩二が輸入ビジネスに留まらず原理原則を踏まえたビジネスの構築方法・集客方法を紹介しています。
すぐに定員になってしまうセミナー情報や勉強会・ツアー情報・会員情報などもいち早く告知させていただきます。興味のある方は下記から無料登録

メールアドレス: (必須)
お名前:

売り方のマーケティングの「7つの間違い」 売り方のマーケティングとはまるっきり違う
ビジネスの成果を劇的に上げる真実の原則原則があるのを皆さんはご存知ですか?

無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』

メールアドレスを登録して
無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』を受け取る!

(必須)
(必須)

\ SNSでシェアしよう! /

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑原浩二

この人が書いた記事  記事一覧

  • Content is King 売れるサービス・商売の作り方・売れる商品の作り方1DAYセミナー募集開始

  • 上手にお金貯める方法貯金をするコツ。お金がなかなか貯まらない人への対策

  • アップセル・クロスセルとは?成功させる方法や客単価を上げる事例を解説. 2980円から550万までアップセルで上げてクロスセルで毎月80~150万コンスタントに売上げる私の実例

  • USPだの強みの強調とか?独自のポジションとか?ブランディングとか?それ間違ってますよ。

関連記事

  • 経営戦略ってなんだ?わかりやすく解説

  • ビジネスを成功させる条件。こう組み立てると成果は出やすい。

  • マーケットイン・プロダクトアウトとは、その意味とお客様の為にとは

  • 商品・サービスの価格の決め方。

  • 原理原則とは、ビジネスには成果を出すための原理原則がある。

  • ターゲットを絞る戦略の間違い。ペルソナとは(マーケティングやビジネスの)