1. TOP
  2. 売れる商品
  3. 売れる商品??ってどんなの?メルカリで売ったりアマゾンで売ったり。

売れる商品??ってどんなの?メルカリで売ったりアマゾンで売ったり。

 2018/02/23 売れる商品 経営の原理原則
この記事は約 6 分で読めます。 523 Views

私は集客以外にネット物販のコンサルもやっています。アマゾンやメルカリ・楽天などで商品を販売する方法とそこで販売する売れる商品を探す方法について教えています。その指導を開始して5寝二条立っていると思いますが直接指導して本日2018年2月23日現在商品が売れなかった人は一人もいません。確実に売れます。(将来はわかりませんよいずれ売れない人も出てくるかもしれませんし保障もしません)

売上げにはやる気が絡みますのでむらが出ますが確実に売れる商品を捜せる方法を教える事ができます。しかし、私も一番最初は売れる商品がわからなくてものすごい苦戦したんです。

何が売れるのか一向にわからない、そして仕入れた商品がまったく売れなくて困っているという人の為にこのページでは売れる商品の探し方について解説させていただきます。

まず、自分の売りたい商品を売るなという事。

物販を始める際、私もまったく売れずに苦労した時代が1年ほどはあるんです。ですが、今は歩いていれば売れる商品が捜せるほど売れる商品を探す目は肥えてきました。何故?こうなれたかというと発想を変えたからです。

はじめのうち私は自分で扱いたい商品かっこいいと思う商品を仕入れて売っていました。確かに売れるものはあるのですが、売れないものは全く売れずどちらかと売れないもののオンパレードでした。

しかし、それを途中から視点を変えて自分の売りたいもの仕入れて売るのではなくお客様が欲しがっているものお客様が購入したい物を売るという考え方に変えて行きました。

この視点を持てた事で仕入れるもののほとんどが売れるという状況を起こすことに成功しました。実際に物販の指導をしているお客様も仕入れたものは売れる確立が高いです。

ですので、再現性があるやり方となります。仕入れた商品90%以上は売れて行きますのでビジネス自体がやっていて楽しいのです。

そして、楽しいから続き楽しいからやっているうちに売上げがどんどん上がると言う状況に持っていくことが出来ます。これね、好きな事でというのと違うんです。

楽しいから好きになるんです。

どんなに好きな事でも成果が全然でないなら辛いだけです。

続かないんです。

そうではなく式ではない事かもしれないし、やった事がない事かもしれないけど成果が出るから楽しい。だからのめりこむ。その結果成果が付いてくるんですよ。

どんなに好きな事でも成果が出ないなら続けられませんし嫌いになっていきます。

成果が出やすいから続くんです。

成果が出やすい売り物を売ったほうが楽しいんですよ。

では、どんな商品が売れるのか?

気になるところだと思いますが、私がお客様に次々に成果を出させている売り物は山のようにあり、カテゴリーとかジャンルにこだわる事も好きな物に特化することもありません。売れるデーターを見て売っていくだけです。

そして、一般で売れるものとして言われているものとはまるっきり別のものを扱わせます。

一般的に誰も扱っていない商品を探して売りなさいと言う事を言われる事が多いですが、それやるから売れるものが見つからないんですよ。

他の人が扱っていないもの奇をてらった珍しいものですよね。

これって売れないものの代名詞だって知ってましたか?

そんなものを捜して選ぶから売るのに苦労するんですよ。けど多くの物販講師はこういうものを捜させます。そうもの捜すのにも苦労するでしょ?

先程も書きましたが売れるものなんて街歩いてれば次々と見つかるんです。

奇をてらったものは街歩いていても見つかりませんよね?

視点が違うから売れるものをみんな見逃して歩いてしまってるんです。まるっきり売れるものの視点が間違ってるんです。

私が教えたお客様は次々と売れるものを捜せるようになります。山ほどありますから、一般的な視点と違う商品の探し方をさせます。そして、私のやり方は大手が商品を捜す際にやるかやり方なんです。なので、その辺に出回っている商品の探し方とちょっと違います。

メルカリで先日売り出したお客様は出品後1分で売れたと報告をいただきましたし、過去アカウント削除事件が起こる前までは月に450万ほど販売しているお客様もいました。

メルカリ始めて2ヶ月目で45万ほど売上げたお客様もいます。

ついでに言えば、これらの商品は売り場を変えても売れます。プラットフォームをアマゾン・メルカリ・yahoo・楽天と変えようがどんどん売れるんです。

売れる商品は売り方にこだわらずとも売れていくものなんですよ。

そして、一つだけ売れる商品を見つけるヒントを書いておきます。

基本everyday everybodyグッズを扱う事です。

everyday everybodyグッズとは毎日誰もが使うものです。毎日誰もが使うからこそ使用頻度が多いんです。そして使用頻度が高いから頭の中に記憶として商品が入り込むんです。使う頻度が高いと言う事は思い出す頻度も高いんです。そして、そういう商品が消費も多かったりするんですね。

消費が多いと言う事は売れる数も多いと言う事です。ところが奇をてらった商品と言うのは持っている人が少ないので消費も少ないですし、そもそも誰も持っていないって事は誰も買っていないって事です。そんなものの火付けをし様とするから大事なお金を溶かしておしまいになるんです。

そういう商品はねお金がない初心者やスモールビジネスや中小企業が扱うもんじゃないんですよ。

安売り合戦(笑)

商品の多い商品は安売り合戦になるので、そんな商品扱っちゃ駄目だというポンコツコンサルがいますが仕入れ値を調整出来ないなら確かに駄目です。

しかし、私のお客様は仕入れの調整に動きますので上記をやりながら粗利93%とか出すんですよ。

安売り???薄利多売?????

粗利90%超えていて????薄利多売ってないですよね?

仕入れの事を教えられず今あるものをどうにかして売る事しか教えられないからそういう答えしか出せないんですよ。仕入れを下げるやり方がわかれば高く売るより高利益で商売できるんですよ。

高く売ったって利益率低ければ何の意味もないでしょ????

売上げって言う数字を上げるんじゃなくて利益を上げさせなければ意味はないんですよ。

1万とか2万のものを売って1億作って仕入れ7000万とかいう事をやっているところ多いですが、

同じ1億の売上げを上げるなら私のお客様の仕入れは1000万以下まで落とせます。

安売りはいけないですか(笑)

ビジネスは色々な観点から視点を持たないと上手く機能しないんです。

プラットフォームの手数料まで含めてやる気になれば利益で6割7割出せるやり方なんです。私はそちらのほうが商売は有利だと思いますけどどうなんでしょうか?

実際に起業して2年半ほどで年商2億利益7割(アマゾン等の手数料まで含めてです)

ですので2億の売上げで1億4000万仕入れ資金抜いて残るとというお客様がいます。しかも。アパート事務所にしてパートさんと二人で挙げている数字ですので高額商品売るよりよほどいいとお思います。これに続く利益率を出している人沢山出てきていますよ。

そういうやり方があるって事です。

売れる商品の探し方や仕入れの調整が出来るようになるとこういうことが出来るようになるんです。やり方は複数あります。そして、サラリーマンでさえ利益率6割出すときには出しますので色々なやり方がありますよね。

知らないって怖いですよ。

輸入ビジネス・ビジネス全般について学びたいなら桑原が直接伝授。無料メルマガ 「0円集客」に登録!!

数々のビジネスを成功させてきた桑原浩二が輸入ビジネスに留まらず原理原則を踏まえたビジネスの構築方法・集客方法を紹介しています。
すぐに定員になってしまうセミナー情報や勉強会・ツアー情報・会員情報などもいち早く告知させていただきます。興味のある方は下記から無料登録

メールアドレス: (必須)
お名前:

売り方のマーケティングの「7つの間違い」 売り方のマーケティングとはまるっきり違う
ビジネスの成果を劇的に上げる真実の原則原則があるのを皆さんはご存知ですか?

無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』

メールアドレスを登録して
無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』を受け取る!

(必須)
(必須)

\ SNSでシェアしよう! /

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kuwabara

この人が書いた記事  記事一覧

  • おっさんのビジネスは何時しかマグロのようになった。

  • セミナー講師・コンサル業のリピート顧客の増加・新規顧客の増加。45回同じセミナーを集客し続ける秘訣。

  • 億り人ってどうなった???自力で稼げる力を着けよう。

  • あなたは何屋さんですか?と職種を絞ると失敗しやすいよ。

関連記事

  • 商売の根本て知ってる?逆にここ変えると一発で売れるようになるよ。商売の本質を知ろうね。

  • ビジネスとはお客様のために商売人が変わるもの。

  • ビジネスはお客様の暮らしを支える為にある。

  • ビジネスの5大主義(一番主義・集中主義・先制主義・経験主義・目標主義)

  • 休むことが悪い事だと思っている経営者へ

  • お客様の為にとは?ビジネスで成果を出す最大のポイント。