1. TOP
  2. ビジネスモデル
  3. コンサルの年収アップ・コンサルが年商2千万3千万取るには

コンサルの年収アップ・コンサルが年商2千万3千万取るには

 2018/01/07 ビジネスモデル
この記事は約 9 分で読めます。 772 Views

コンサルの年収アップ・コンサルが年商2千万3千万取るには

こんにちは桑原です。

コンサルタントや相談業が年収2千~3千万取るには?これって比較的簡単なことなんですよ。

私も一部そういった類の仕事をしているのですが相談業的な仕事をしている人が年収で2千万~3千万を取るのは組み立てさえ間違わなければ意外と狙える数字なんです。特にコンサルならこのぐらいは取って当然だと思います。1日3時間労働で20日間働くとかで最終的にここまで持っていくのはできなくはない数字です。2~3千万といっても相談業の場合原価はほぼかかりませんから売上げ=収入に近い形となります。

月に1回3万円で相談する人を50~60人集めればそれで終わりな訳です。60人いれば3万円×60人で月に180万円、年間2160万円+セミナーでも年間数回開けば充分行ってしまう。

とはいえここをいきなりは目指せませんよね。
コレをまずは細かく砕く。

月に3万円の相談料を取る自信のない方は月に1~2万ぐらいから始めてみる。この金額で仮に1万で5人2万で10人集める事を考えて見ましょう。

月に1万円で5人て何とかなりそうな気がしませんかね?

そして、その5人を集めるための必要な要素を考えて実行に移す。
単純な話セミナーを開催してその後申し込みをもらうという形を考えるなら、10人のうち二人が申し込むとしたら10人集まるセミナーを2.5回開催すればいいわけです。

では10人集まるセミナーを開催するのに必要な要素は何か?
ソーシャルメディアをやるであったり、メルマガリストを集めるであったり?そのリストや更新が何回ぐらいされれば10人集まるのかな?リストが何人集まれば10人集められるか?

150人のリストが集まれば10人集められるなら150人のリストを集めるために何をやればどこまでやればいいのかな?
コレを細かく分けて実行に移せばいい。

10人集めるのが難しければ5人でもいいよね。

その数をどうやって集めるのかを考えていく。

そして、それを実行するのに必要なスキルは何か?その必要なスキルで持ち合わせていないものは何か?その持ち合わせていないものはどうやれば手にはいるか?

細かく分解して足りないものそろえるもの手に入れるものをタスクに落とし実行する。

そして所定の数が集まったら値上げをしていく。
60人集めろって言われたら無理と思うかもしれないしかし1万円で一人集めてみてといわれれば意外とハードルは下がるんですね。

その積み重ねでしかない。

そして3万円取るのが厳しいという人は5千円を6人集める。
コレを1日2クール~3クールこなすというのが教室系のビジネスモデル。料理教室なんかこのパターンです。

1回の教室に2~3人ぐらいからスタートしたらいいじゃないですか?一人の単価を2~3千円に下げて最低人数を下げてスタートすればいいじゃないですか?

2~3年後にその売上げを目指すための今取るべき行動をやればいいじゃないですか?
すぐにそこを目指さず階段を作って一歩一歩上がっていけば進行するにしたがって意外といけるかもしれないと思えるあなたが生まれだします。

そうなったとき、心のブロックが自然と外れますのでそうなればいけると思えるあなたが生まれる。
難しく考えずに一歩ずつ着実にクリアーしていけばいい。

コンサルタントのお客様の集め方

私の場合、ほぼ常時70名のお客様を指導させていただいています。私の場合ちょっと特殊で料金表も募集もほとんどネット上ではしていませんがセミナーに参加されたお客様が希望してくる形でお客様が増えています。

それ以外はfacebook経由でお客様に来ていただいています。

それとオウンドメディアとメルマガです。これらを使い集客が出来ています。基本売り込むという事は一切せずに必要な人に必要な情報を届けると言うのを基本にして情報発信を続け、そこに無料オファーを提示してその中の一部の方がお客様になると言う感じです。

セミナーなどは5万ぐらいのものでしたら1~2記事書けば50人ぐらいは1日2日で集まるときは集まりますのでその中から希望者がコンサルに申し込んできます。

50人ぐらいのセミナーでコンサル希望が16名きたときなどもありましたし、先日値上げ前の募集をしましたら14名ほど1日で集まりました。

コンサルタント業ってと言うより商売はお客様詰めるのはものすごく単純なんです。欲しい人に欲しい情報を届ける事。ただこれだけなんですよ。それをどうすれば出来るのか?考えて実践すればお客様はどんどん集まります。

メルマガで集まるのならメルマガのリストを集めるのにどうすればいいのか?

その作業は何があるのか?調らべえてそれを実践していけばいいわけです。自分で実践もしないのにまさかお客様にはやらせるとかしてないでしょうね?それやるから信頼が得られないんですよ。すぐにうまく行かない事も沢山ありますが何度も試しているうちに段々できるようになってきますのでやっていってください。

お客様にはやらせるのに自分でやらないって本末転倒ですしね。

得たい結果を得るために何が足りないのか?どんな作業をするのか?どれぐらいの継続をするのか?それを続けるために何が今、自分に足りないのか?を学び実践する。これってさお客様にはやらせていることだよね?コンサルタントさんは。自分で出来なくてそうするのさ????

常日頃の作業がお客様読んでくるんですよ。自分で実証してないって事は成果があるかどうかわからない内容をお客様に話だけで伝えているって事になるんですよ。そういうのお客様にはわかるんですよ。だから、お客様集まらないんじゃないの?

常日頃から事前認知作業と言うのをそれらのツールを使ってやっていますと集まる人数も多くなります。

それと、コンサルがお客様を集められないなら駄目ですよ。

コンサルタントは自分のお客様を集めるのが苦手

そんな話をよく聴きますがお客様のお客様が集まるのに自分のお客様が集められないと言うコンサルは基本ビジネスを知りません。お客様のお客様が集まるのはコンサルタントの力ではなくお客様の選んでいる商品・サービスがいいのです。それが伸びたってコンサルの力ではないですよ。

認知させるだけでたまたま伸びた商品だったって事です。ビジネスの事をわかっているなら自分のお客様が一番集めやすいんですよ。ビジネスに対する理解度が浅いから自分のビジネスが集められないんです。そして、何で自分のビジネスに人が集まらないか?理由がわからないと思います。ビジネスを知らないんです。そして、お客様の事を理解できていません。

お客様の事を理解できていればお客様は勝手に集まるものです。このことが理解できる前にコンサルなどできませんし、ここ理解できないままコンサルするとものすごく苦労しますよ。

たまたまのまぐれ当たりでお客様の成果は出せても全然成果の出せないお客様の数も多くなります。これ精神的に参りますよ。売り物を変えられないその商品を売る事を教える事しかできないコンサルはこの罠にはまって苦しみます。

同じ事を教えているのにどんどん業績を伸ばしていく人もいるのにまったく売れない人も多数いるというコンサルいると思いますがそういう人要注意です。ビジネス続ける事が難しくなりますよ。精神的に病んでくるんです。

そういう状態の人、自分のお客様を開拓するにも苦労するはずです理由は知識経験不足です。自分の売上げが上がらない理由がわからないと言う事はお客様の事が見えていないんです。その状態でお客様に指導?売り物になりませんし自分の指導に自信が持てないでしょ?

コンサルなんかできるはずがないんです。

売上げをあげる系のコンサルなら必ず自力でお客様を集められるようになっておきましょう。

売り物を変える選択と100人指導したら100人が売れるという実績

コンサルのやり方で売り方を教えると言う指導方法をしていると成果にむらが出るというのは上に書きましたがではどうすればそれを回避できるのか教えて起きます。とはいえものすごくやる人とやらない人ではむらは出るんですが問題なのはやっても成果がまったくでないパターンですよね。これの回避方法があるんです。

私は売上げ規模にむらはありますが(これはお客様の継続度合いややりこむ時間で売れる数が変わるからです)100人指導したら100人に商品を売らせる事ができます。何故これができるかと言えば売り物を売れるものに変えさせるからです。私の指導はお客様の商品を売るという指導ではなく売れる商品を探し、作りるという指導なんです。これが条件が出来る人以外コンサルをしません。

売れないで困っているならその商品を売る方法ではなく違う商品を売るという選択が出来る人しか指導しません。そして、私は売れる商品を探す方法、売れるサービスを作る方法を知ってるんですね。売れる商品・サービスは売り方を駆使しなくても売れて行きます。

この指導は売るところまで行った人で2018年1月現在で直接指導で売れなかった人は誰一人いません。物販は100%売れて行きます。後はお客様がどれだけ継続する意思があるかないかの所ですのでここは方向性はみせられますが最終はお客様の判断ですね。伸ばしたい継続したいってお客様はとんでもなく伸びますし程々と言う人はほどほどですし、合わないと言う人はやめていく人もいますが。確実に売らせる事はできます。

そういうやり方があるんです。

そういうコンサルなら楽ですし噂がうわさを呼んで次々と人が来ます。

そういう選択に私も変えたんです。

昔は売り方を売っていて苦労したんですよ。けど、今のやり方は成果が皆でますから簡単です。

そして、お客様を集めるのをあせらない事ですね。

お客様集めの導入をフリー戦略にする

コンサルのお客様集めの戦略をフリー戦略にする事です。はじめからお金を取ろうとしない事。小冊子を配布するでも無料PDF配布でも良いです。無料でお客様に持ち帰ってもらう或いは無料で参加できる勉強会かセミナーを始めは開催するところから始めるとお客様集めは簡単になります。

セミナー商法で無料セミナーを開催して来ていただいたか方にバックエンドでセミナーのクロージングってのがありますが対面した事がある人と対面がない人では成約率に大きな開きが出るんです。売る事をあせらないことどこでマネタイズ(収益化)するかをしっかり考えてコンサルと言うビジネスを設計するんです。

お客様が集まらないと言うコンサルはこれが出来ないんです。

まず、無料のセミナーに人が集められません。と言う事は認知と事前告知という作業の仕方を知りません。まずここを覚える事です。ここがわかれば後は何とかなります。

マネタイズで単価が取れるかどうかは経験の差ですのでいきなり高額は無理ですが徐々に上がっていきます。たいした実績もないのにいきなり高額で販売を始めるとはじめはいいですが数年立つとお客様離れが起きて続かなくなります。

ビジネスは継続の世界で数の理論の世界です。積み上がらないのでしたら崩壊を迎えます。

そうならないために一からこつこつ積み上げていく事をお勧めいたします。

もっと知りたいと言う方は

毎週色々なビジネス情報と一緒にもっと勉強になる情報をお届けいたします。

興味のある方は下記から無料メルマガ
「0円集客~ビジネスマインド・集客方法を学ぶ」にご登録ください。

毎週末お得な情報をお届けいたします。

https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=skynet&MagazineID=1&MoreItem=1

メールは0円集客という件名で届きます。

行動解除はいつでもメルマガの巻末から出来ます。

輸入ビジネス・ビジネス全般について学びたいなら桑原が直接伝授。無料メルマガ 「0円集客」に登録!!

数々のビジネスを成功させてきた桑原浩二が輸入ビジネスに留まらず原理原則を踏まえたビジネスの構築方法・集客方法を紹介しています。
すぐに定員になってしまうセミナー情報や勉強会・ツアー情報・会員情報などもいち早く告知させていただきます。興味のある方は下記から無料登録

メールアドレス: (必須)
お名前:

売り方のマーケティングの「7つの間違い」 売り方のマーケティングとはまるっきり違う
ビジネスの成果を劇的に上げる真実の原則原則があるのを皆さんはご存知ですか?

無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』

メールアドレスを登録して
無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』を受け取る!

(必須)
(必須)

\ SNSでシェアしよう! /

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑原浩二

この人が書いた記事  記事一覧

  • Content is King 売れるサービス・商売の作り方・売れる商品の作り方1DAYセミナー募集開始

  • 上手にお金貯める方法貯金をするコツ。お金がなかなか貯まらない人への対策

  • アップセル・クロスセルとは?成功させる方法や客単価を上げる事例を解説. 2980円から550万までアップセルで上げてクロスセルで毎月80~150万コンスタントに売上げる私の実例

  • USPだの強みの強調とか?独自のポジションとか?ブランディングとか?それ間違ってますよ。

関連記事

  • 集中主義で行こう。というのとツリー型の集中主義でやるといろいろできるって話。

  • 会員制ビジネスの始め方・会員制ビジネスモデルとは。オンライン会員ビジネス、小額で始められる会員制サイトの始め方

  • クラウドファンディングで資金調達を考えるクラウドファンディングとは?

  • 安売りは悪か?安く売るのを悪いと捕らえる経営者っていますよね?何で?

  • ビジネスモデル・アイデアと成功事例、WEBで展開できるビジネスモデル。

  • ビジネスモデルとは?成功させた3つのビジネスモデル作成例