1. TOP
  2. 継続収益ビジネス
  3. 継続収入ビジネスモデル・ストックビジネス・権利収入を得られるビジネスの作り方。

継続収入ビジネスモデル・ストックビジネス・権利収入を得られるビジネスの作り方。

 2018/01/01 継続収益ビジネス
この記事は約 7 分で読めます。 4,154 Views

継続収入ビジネスモデル・ストックビジネス継続収入を得られるビジネスの作り方。

ビジネスで収益を得るためには色々なビジネスの形があり売り切りでお金を稼ぐタイプのモデルや固定費回収型のビジネスなど単発型と継続課金型などのモデルがあります。さらに進化させると権利収入型のビジネスなどがあります。ビジネスとして楽なのは固定費回収型の売り上げベースがあり毎月の支払いなどは固定費で入ってくるお金ですべてカバーできる収益源を作りそれにスポットで大きなお金が入る突発型の課金形式の売り上げが乗る形のビジネスを組み立てるとビジネスは非常に楽なものになります。

このページではこの違いとその構築方法を記載させていただきます。

単発型のビジネスを続けていくのは厳しい

課金方法や収益の上がる形は沢山あるのですが単発課金型のビジネスを続けていると必ずどこかで資金繰りなどで詰まることが多いです。多くの方はこの単発課金型のビジネスをやり続けますがビジネスを長期安定させていきたいなら固定費回収型のビジネスにまずは切り替える事をお勧めいたします。

そこから今度は継続収入型(権利収入型)のビジネスモデルにもっていきます。

作り上げたものが課金を続けて収益を上げ続けるビジネスのことを最近ではストック収入ともいうそうですがストック収入型のビジネスに最終的に持っていけばビジネスはものすごく楽に成長させていくことが可能になります。

収益を上げやすい順番

固定費回収型や継続課金型にビジネスを作りこむのは時間がかかりますしまず食べていかないとなりませんのでいきなりこの形を目指す場合、ある程度のたくわえを持っている必要があります。ですので、まずは単発収入でそこそこ単価の取れるものを販売していくのがビジネスを組み立てる上では楽になります。しかし、そればかりをやっていると3年5年たつと固定費回収型のビジネスをされている人とは大きな開きが出てきます。

まずは単発売上げの課金が楽です。

実際に、私は元々WEB屋で起業しました。当初は単発収益方の収益の物を売っていました。売上げは行く時はぐ~~~んと伸びるのですが売上げが少ないときも年間数度あるわけです。ですので最初は単発で課金がききそれなりに大きなお金が発生するホームページを中心に売っていったんですね。単価も30~100万ぐらいまでそれなりに取れましたからそれなりに売上げにも恵まれました。

しかし、それでも昔私も苦労していました。単発課金型は売上げにむらがあるんです良いときは良いですけど売上げがそれほど取れなかった月この時の月末に対する不安はものすごいものでした。そして、固定費は一応あったのですが当時はそれほど重視せずにあっても30~50万ほどしか作っていませんでした。

ところがこれがあまり意識しないと徐々に減りだすんですね。で、最悪月18万まで固定収益が落ちてきました。こうなると毎月の月末が不安になりだすので動きが鈍くなり全体の売り上げも下がりだすんです。

これではいけないと思い固定費回収型の売り物に切り替える事を決意します。

単発課金から固定費回収型へ

とはいえいきなり固定費回収型のビジネスモデルに変更する事は中々出来ません。ですので全体の売上げの比率を

9:1~

8:2~

7:3~

6:4~

と徐々に固定費型の売上げ比率に変えていく事にしました。

始めの目標は元々あった固定費50万に戻す事。

ここから月100万の固定費

150万の固定費

そして毎月の会社の給料まで含めた全経費が固定費で回る用に時間をかけて課金モデルの組み換えを行いました。そして今はつき頭にはこの固定費で利益が生まれるまでになっています。

こうなるとプラスで上乗せされる単発収益型のビジネスは利益は全てプールできますのでさらに楽になりますよね。

こうなると、毎月ほぼ何も考えなくて良いのでほかのことに力を使えますので単発課金型のビジネスも同時に伸びだすんですね。この体制に持っていくまで3年ほどかかりましたが達成しました。

で実際に、同じくWEB屋をうやっている方で固定費回収をせずに単発で仕事を請けている方の状況をたまたま先日お聞きする機械があり聴いてみたら毎月ぎりぎりでいつつぶれてもおかしくないような状況になっていました。毎月支払いに追われてヒーヒー言っていましたが、私もこの切り替えをしなければ時代の流れの中で苦しくなっていたかも知れません。

ちなみにWEB作成は現在受けていません。

既存のお客様の仕事しかやっていませんが固定費回収型で毎月課金できますので私は毎月海外に行ってさらにビジネスネタを拾うと言う事が出来るようになっています。

単発課金より固定費回収型のほうが申込みを取るのがちょっと始めは難しいのです。単発型のほうが契約は楽です。ですので、多くの方がこの課金形式を狙うのですが良いときがずっと続くわけではないと考えるとビジネスモデルを変えることを考えていかないとならないですね。

ここまでの準備が終わったら権利収益型(ストックビジネス型へ)

権利収入型のビジネスと固定費回収型のビジネスの違いは固定費回収型は毎月課金で継続的に収益が入るのですがこの収益を得るために労働が必要になると言う事です。

私のやってるコンサルなどがこの類になります。固定費で毎月課金は出来ますが毎月お客様の指導を刷ると言う作業が伴いますよね。

権利収入型は毎月課金が出来るけど作業はメンテナンス程度で済むというのが特徴でさらに最終的には売却できると言うのが権利収入型(ストックビジネス)のジャンルになります。

私がやっているのでしたら、会員制ビジネスやオウンドメディアがこの類に当たりますがもっと皆さんの身近な感覚で言えばアパート・マンション経営がこれに当たります。

作り上げた資産が勝手に課金されていく。

そして、たまにメンテナンスするだけで収益が発生する。そういったモデルですね。

権利収入と言うとMLMやネットワーク系を思い浮かべる人がいますが、そんなのはごく一部の仕組みに過ぎず権利収入型のビジネスビジネスモデルを作ろうと思えば色々作る事は出来るんですよ。保険なんてのもある種、権利収入型のビジネスモデルですよね。

これらの権利収入型はいきなりやろうとすると大変ですがしっかりと階段を上りながら資産形成していき作り上げればいずれ作れるようになります。やり方はざまざまです。少ない資金で作りたければ会員制のサイトを作ったりオウンドメディアを作ったりすれば低予算で出来ます。

ちなみにオウンドメディア月に10~30万PVあればちゃんと課金形式(マネタイズ)を覚えれば月に200~500万ぐらい運んできますよ。

作った仕組みが毎月資金を運んで来るのですから権利収入型になります。ちなみにこれだけのPVがあるのでしたら売却も出来ますしね。ストックビジネス型になります。

11月に報告をもらったお客様は9月からオウンドメディアの更新方法を教えて11月には売上げ1000万超えたと報告をいただきましたよ。元々あったサイトへてこ入れ方法を教えただけですが短期で一気に伸びましたね。

ちなみにそれまでは月の収益で30~70万位のお客様でした。

ちゃんとやれば伸びるんですよ。

時間と収益両方作りましょう。

課金の形には色々あるのですが、単発収益型は確かに楽なんですがこのスタイルを続ける多くの人は廃業に追い込まれるケースが多いです。固定費回収型~権利収入型にいつかシフトしていく事をお勧めいたします。先程も書きましたがオウンドメディアなどはほとんど初期費用をかけずにこの形に持っていく事ができるやり方です。

これが出来てくればいやな仕事を請けずにも済みますしお金にも時間にもゆとりが生まれます。いつか構築に向かう事をお勧めいたします。

そして興味のある方はその作り方を今私の会員制サイトWEBWEBで細かく更新していますので興味のある方は見てみてください。月額2980円で学べます。

興味のある方は下記から

http://webweb.co.jp/

実際にこれを見て勉強しただけで月商100万短期で超えたコンサルの方などもいたりします。

コスパで行ったら最強レベルの内容が記載されていると思います。

2980円でこれが学べるのは通常ありえません。その辺のマーケッターがほとんど知らない原理原則が記載されています。

興味なる方は覗いてみてください。

輸入ビジネス・ビジネス全般について学びたいなら桑原が直接伝授。無料メルマガ 「0円集客」に登録!!

数々のビジネスを成功させてきた桑原浩二が輸入ビジネスに留まらず原理原則を踏まえたビジネスの構築方法・集客方法を紹介しています。
すぐに定員になってしまうセミナー情報や勉強会・ツアー情報・会員情報などもいち早く告知させていただきます。興味のある方は下記から無料登録

メールアドレス: (必須)
お名前:

売り方のマーケティングの「7つの間違い」 売り方のマーケティングとはまるっきり違う
ビジネスの成果を劇的に上げる真実の原則原則があるのを皆さんはご存知ですか?

無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』

メールアドレスを登録して
無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』を受け取る!

(必須)
(必須)

\ SNSでシェアしよう! /

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑原浩二

この人が書いた記事  記事一覧

  • Content is King 売れるサービス・商売の作り方・売れる商品の作り方1DAYセミナー募集開始

  • 上手にお金貯める方法貯金をするコツ。お金がなかなか貯まらない人への対策

  • アップセル・クロスセルとは?成功させる方法や客単価を上げる事例を解説. 2980円から550万までアップセルで上げてクロスセルで毎月80~150万コンスタントに売上げる私の実例

  • USPだの強みの強調とか?独自のポジションとか?ブランディングとか?それ間違ってますよ。

関連記事

  • セミナー講師・コンサル業のリピート顧客の増加・新規顧客の増加。45回同じセミナーを集客し続ける秘訣。

  • ビジネスを成功させる条件。こう組み立てると成果は出やすい。

  • スットックビジネスとは?個人でも出来るストックビジネスのアイデア・成功事例

  • 不況時にメッチャ強いビジネス形態サブスクリプショサービスやメリット・サブスクとは?

  • プロデューサーというビジネスのやり方。ビジネスプロデュースや養成・課金方法など

  • サブスクモデル。280名集めた会員制ビジネスの有料会員の集め方、コロナにも強いビジネスモデルで不況を乗り越える。