1. TOP
  2. 集客
  3. 集客力を高めて集客に対する根本的な間違いを直しす。圧倒的に楽な集客方法。

集客力を高めて集客に対する根本的な間違いを直しす。圧倒的に楽な集客方法。

 2017/12/12 集客
この記事は約 10 分で読めます。 4,167 Views

集客力を高めて集客に対する根本的な間違いを直しす。圧倒的に楽な集客方法。

多くの方が懸命に集客の事を考えていかにして集客力を高めるかとか集客の勉強をしているようですがお客様が集まる集まらないって集客以前の問題なんです。集客をメインに考えるから集客が難しく思えるんです。本当は集客活動なんかしなくてお客様って勝手に集まってくるものなんですよ。

お客様が集まらない原因は集客にあるわけではないんです。根本の改善をすれば自然にお客様は集まってきます。集客を考えるのはほとんど木を見て森をみずって問題で細かい集客問題にばかり目を向けますがビジネスってそんな点だけ見ていてもうまく行かないんです。

もっと大きな観点で問題点を洗い出さないと集客すればするほどお客様が離れていくと言う現象が起こります。もっと全体を俯瞰できるようになるとお客様は勝手に集まってくるんです。

集客を考える前に見直すものがある。

集客力を高めて集客を懸命にする以前にやるべき根本の問題に取り組みましょう。

ちなみに商売には根本が大事と言う事をいう方がよくいるのですが根本って何のことかさえわからず商売には根本が大事と言う方が多いのには困ってしまいますが商売の根本と言うのは商品問題の事です。

商売と言うのは元々、欲しいものと欲しいものの物々交換から始まっています。

欲しいものと欲しいものとの等価交換が原点です。これが根本なんです。ここにてこ入れするとお客様は集客などせずとも勝手に集まって行列を作ります。テクニックに頼りすぎなんです。根本の見直しをしてみてください。お客様は集めるものではないんですよ集まってくるの。

集客ばかりを懸命にする人はこれが見えてないんです。

集客ばかり考えていると結局商売は駄目になる例を下記に記載します。

大して美味しくもない料理を集客の力を使いお客様を集めてしまったお店の末路

うまく行っていないのを集客や広告で解決しないその前にやる事がある。

業績が下がって売上げが立たなくなってくると殆どの経営者は広告を入れて業績を回復させようとしますよね?これやるとどんどん悪くなっていくの知っていました?業績が下がっているときに広告をしてはいけないってルールあるんです。殆どの人はコレを知らずに業s家が下がったときに広告をしてさらに業績を落としに行きます。え???何言っての?書いてあることがよくわからないという方のためにこの理由に関して書かせていただきます。

多くのコンサルタントは業績が下がったときに広告を入れさせます。何故なら打開策を広告を打つ以外思いつかないコンサルが殆どだからです。業績がさがっらたからネット使いましょうとかリスティング(PPC)広告を入れましょうとかそなんくだらないことしか教えられないコンサルが多いですがそんな解決方法したらますます業績悪くなりますよ。

業績が悪いときは集客はしてはいけません。

集客・広告は業績が良くなってから入れるものです。

業績が悪いときに広告打つとますます悪くなります。

これ実例がないとわかりづらいと思いますので私の知っている実例を元に書かせていただきます。

数年前、私の家の近所にとあるラーメン屋さんができました。
タウン誌などにも広告が出ていてお店はラーメン屋としては結構おしゃれな店の作り、お店の外観からしてちょっと入ってみたくなるような感じのしゃれた店構えでした。

近所だったしちょっと行って見たんですね。
お店の中のいい感じの雰囲気。
ただ、ちょっと残念だったのが店員の態度が非常に悪く、そして店主のこだわりが味とかいたるところに出ていてそれがちょっと悪いほうに作用していました。

ラーメンの味もちょっと変わっていて牛乳風味のラーメン・・・・。
そして値段は結構高くてそして、遅い。

この店って・・・・。

正直、私の感想はかなり悪い印象でした。

しかし、オープンしたばかりというのもありいろいろなところに広告を打ったんですね。結構人がいました。
この店大丈夫かな????

なんて思っていたのですが、数ヶ月たってこのラーメン店がどうやったか知りませんが全国放送のTVで取り上げられたんです。
ジャニーズのタレントの番組で結構視聴率がある番組。

そしてタレントがべた褒めしてるんですね。そのお店とラーメン。

私はこの放送を見たときこの店が潰れると思いました。

えっ???何で?と思う方もいると思いますが潰れる事を直感しました。全国放送の視聴率も沢山あるTVに取り上げられても潰れる。

この予感は的中しました。
それから半年もしないでお店はなくなりました。
理由は単純なことです。

TVの放送直後は長蛇の列です。30席ほどあったでしょうか?
お客様は座れないぐらいあふれ外にも行列ができていました。

通常はこの状態を見れば成功を感じるはずなんですが私は失敗を確証しました。

何故ならタダでさえラーメンが出るのが遅かったんです。
そこのお客が押し寄せたらお客様をますます待たせるんです。
そして、さらに店主こだわりの味。

正直、私からしたら不味かったです。
そして、店員の態度の悪さをTVの力で全国に伝えてしまったんですね。それはその放送直後は客が来ます。

しかし、それがゆえにサービスの悪さと不味さそして、客を待たせる自分主義の対応の悪さを世間に伝えてしまったんですね。

私の店はこんなにサービスが悪くて味もたいしたことはないですよとわざわざ宣伝してしまったら飲食店はアウトですね。

あの店は行かないほうがいいといううわさが飛び交う。

その時に一時客が来ても悪いうわさを広めるために宣伝してしまったようなものなんです。

業績が下がったときは広告してはいけない。
業績が下がった原因があるんですよ。それを特定して改善する。必要があります。業績が下がったとき広告を進めるコンサルがいたら要注意です。

口車に乗らないように気をつけましょう。

広告は業績が下がったときにはやってはならない。
業績が良くなるようにビジネスプランを変えてから打つようにしてください。

そうしないと悪いほうに加速するんです。

このお店のどこがいけなかったのでしょうか?

根本の商品問題を無視して集客に走ってしまった事です。

商品がしっかりしていたらお客様は勝手に来るんです。このことを多くの商売人がわかっていません。そして、良い商品を作ると言う事を大きく勘違いしています。

良い商品を作れって当たり前の事だよね???

と考える方がいて良い商品を作る際に、味・技・品質を良くする事ばかりに気持ちを向けますが味・技・品質の追求をすると商品は売れなくなります。その事実に多くの方が気づいていない。

味・技・品質の追求をするとお客様が買えなくなるんですよ。高くなるから。

自分の思いを商品に乗せてしまい肝心のお客様の暮らしが見えなくなってしまっているんです。

集客の前に変えなければならないのはこういう所です。商売ってのは売り手の満足のためにやるものではないんです。自分の技自慢をすることにばかり気持ちがいきそれをどう集客で解決いようかという押さない商売をしていればいつかお客様にいらないと言われます。商売と言うのはもともとお客様の暮らしを支えるために存在する物なんです。

自分の売り手の自己満足のためにするものではないんです。

売上げをあげたかったら根本の問題と向き合いましょう。

そして、そういう根本の問題をしっかり作りこむと集客なしでも簡単に告知するだけでお客様が集まりだします。商売の経営構図をしっかり作るとそれが集客してくるんです。

と言っても訳がわからないと思いますので実例を紹介しますが

サイゼリアってレストラン知っている人も多いと思いますが

あのお店全国に1400店舗以上あるんです、けどサイゼリアってほとんど宣伝広告費をかけていません。あの規模で宣伝広告費は利益の1.5%ほどだそうです。

けど人だらけです。

広告打っているのほとんど見ませんが人が集まっています。理由はものすごく単純であのお店に行けば安い価格で飲んで腹いっぱい食べられる事をお客様は知っているからです。それだけ安く商品を提供しても成り立つ経営構図をお客様のために努力して作った。

それをお客様が知っているので集客などしなくてもお客様は集まります。

これを大手の話だっていうコンサルが言いますが、小さい頃からこれをやってきたからどんどん大きくなったんですよ。はじめから大きかったわけではありません。

それと、大手と中小企業は違うと言う方がいます。

確かにそうです大手と中小企業は違います。何が?違うのか?一番は大手にはお客様がいるって事です。大手が大手になったのはお客様が選んで大手に集まるから大手は売上げが大きくなったんですよ。お客様がいいと言うものを扱わないから売上げが大きくならないんじゃないでしょうか?

 

大手も最初は小さかったんです。

そのエッセンスを真似して経営構図で売上げを上げられるように切り替えていくんです。そうすると集客ってまったく困らなくなりますよお客様のほうから勝手に来るんです。

 

しかし、コンサルタントは言うでしょう、中小企業は大手の真似はできない。と言う事をしかし、そういっている人のほとんどは大手がやっている方法を知りません。一般にはそんな方法で回っていませんから。比較検討する対象が何をやっているか知りもしないで大手と同じことはできないと多くのコンサルは言いますが、そのエッセンスをまねて中小企業どころかスモールビジネスで応用するすることなんて副業でも出来るんですよ。

私のお客様は皆やっています。

そして、大して集客に苦労することなくどんどんお客様を集めていっています。

知っていれば応用できるんです。

そして、大手は経営構図でお客様を集めます。しっかりとした商品問題に取り組み(味・技・品質ではない)それがお客様を集めてくれるまで改善して勝手にお客様が手に取ってくれる、欲しいと言ってきてくれる状態までビジネスを商売を作り上げてそれを簡単に告知していくだけでお客様は行列を作ってくれます。

これが本当の集客力です。

USPをとかブランディングとか小手先のテクニックに頼っていたらお客様は離れていくんです。

もっと大切な根本に気づきましょう。

それとねもう一つ行列を作って私の店は人気があるとか行っているお店つぶれますよ。

行列を作ってはいけない理由

商売をやっているところで行列ができている事に自信を持つ方がいますが、行列は基本作ってはいけません。行列を作る店の多くの末路は閉店になるお店が多いんです。理由は単純で、そのお店の店主などは行列ができる事に満足するかもしれませんが、お客様の立場になって見ればよくわかります。寒空のした或いは暑い中立たされて待たされているんです。その待ち時間を待ってでも食べたいほど美味しいのなら良いです。

しかし、多くの場合話題性で行列を作ります。そうすると待たされると言う噂とともにあそこって大して美味しくないぜって噂が出てしまうい人が来なくなるんです。

そして、行列を作る店って大抵、客席規模が少ないんです。20人も入れないような店の外に10人ぐらいの行列が出来他としてもそれは人気があると言う事ではなくお店が小さいだけです。

200席あるような大型の居酒屋の中に20人プラス10人が入ったってがらがらですよね?

店が小さいから入れないんです。それを人気があると錯覚しやすくなります。行列を作るのではなくお客様を待たせないオペレーションを作る努力をする。店を広げる努力をする。

それがお客様に貯めの努力です。

そういうことも含めてお客様が着てくるるんです。それらも集客につながるんだって事を考えておく事です。

 

このページには上っ面の集客ではなく本当の必要な事を記載しました。集客力って上っ面をいじってどうこうなるものではないですよ本当に集客力を高めたければ根本を変える事が必要だということです。

輸入ビジネス・ビジネス全般について学びたいなら桑原が直接伝授。無料メルマガ 「0円集客」に登録!!

数々のビジネスを成功させてきた桑原浩二が輸入ビジネスに留まらず原理原則を踏まえたビジネスの構築方法・集客方法を紹介しています。
すぐに定員になってしまうセミナー情報や勉強会・ツアー情報・会員情報などもいち早く告知させていただきます。興味のある方は下記から無料登録

メールアドレス: (必須)
お名前:

売り方のマーケティングの「7つの間違い」 売り方のマーケティングとはまるっきり違う
ビジネスの成果を劇的に上げる真実の原則原則があるのを皆さんはご存知ですか?

無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』

メールアドレスを登録して
無料レポート『99%の人が知らない売れる商品の探し方』を受け取る!

(必須)
(必須)

\ SNSでシェアしよう! /

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客の原理原則・集客は身につけられる技術である。の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kuwabara

この人が書いた記事  記事一覧

  • 爆発的に本当に伸びる商売・ビジネスはお客様の暮らしと共にある。

  • 儲かる商売・ビジネスと儲からない商売ビジネスモデルの違いは何か?

  • 安売りは悪か?安く売るのを悪いと捕らえる経営者っていますよね?何で?

  • 経営者にモチベーションはいらない。楽しくいきましょう。

関連記事

  • M&A業者のコンサル事例どうやって成約数10倍に持っていったか?

  • 本当の集客力とは。爆発的にお客様を集めるには集客の根本を見直すことです。

  • 集客に有効な31の方法、集客力を高めて売上げを自在に上げる。

  • お客様を集める集客導線の作り方。リピート率の高い集客方法。

  • 顧客を増やしたり売上げを上げる方法ってシンプルですよ。

  • お客様を引き寄せる企業努力とは?お客様の為にとはどういう意味か?